スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の地方・田舎の『怖い風習・奇妙な風習』まとめ – 地方の言い伝え70選

スポンサーリンク
日本の地方・田舎の【怖い風習・奇妙な風習】まとめ 地域にまつわる怖い話・伝説・伝承
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク

怖い風習・奇妙な風習

 

コチラもおすすめ

日本の地方に伝わる『怖い風習・奇妙な風習』まとめ

 

伊豆諸島新島

1月24日。海難法師という妖怪が家に来るからその日は戸締まりをしっかりしてなるべく早く寝なくてはいけないらしい。
電気もテレビもつけてはならないし物音もたててはならない。だからその日だけは店もみんな早く閉まる。

海難法師を迎える家というのもあってその家族だけ夜口に紙を挟んで(声を出さないため)誰にも見られないように外にでて海に行ってお清めのために海水を浴びなくてはならない。

 

栃木

近所に死者の霊魂がその岩肌に集まるといわれる岩山がある
この地域一帯では、新盆にその山の寺に故人の供養に訪れる人が今も多い
先住民族の古神道に由来する山岳信仰
アニミズムがまだ人々の間に生きていて、且つ神仏習合の
名残を見ることができる。
ちなみに某アニメ映画で話題になった駅のすぐそば

 

長野

夜の蜘蛛を殺さずに紙に包むと贈り物が来る

一家のうち長男だけが家督を相続し、結婚して社会生活を営む。次男以下と女の子は、他家に養子になったり嫁いだりしないかぎり結婚を許されず、世間との交際を禁じられ、生涯戸主のために無報酬で働くのである。
この村では、こうした制度が16~17世紀ごろから何百年も続いていたという。こうした男は「おじろく」、女は「おばさ」と呼ばれ、家庭内の地位は戸主の妻子以下、戸籍簿には「厄介」と記され、村人と交際もせず、村祭りにも出られなかった。

 

福島県

初盆の家に『じゃんがら』って言う名前の念仏踊りが来る。
昔は男性のみだったらしいけど、今は女性もいる、輪になって楽器を打ち鳴らし初盆の霊を慰める。夜通し。
地区ごとに踊りと歌と衣装が違う。

 

群馬

近所で葬式があった場合葬列つくって寺へ遺族が行進する
で、寺の庭先で竹の棒の先に籠がついたようなので小銭をばら撒く
参列者や近所の子供たちが集まってそれを拾う
拾った小銭はその日のうちに使い切らなければならない
一夜越すと小銭が蛇に化けて逃げてしまう

 

青森

墓参りで供えた物は、みんなで手を合わせた後に全部食べてから片付けて帰る。

だから孫やら子供は喜んで墓参りについていくし、墓参りの時期はその場で飲み食いするからすげーこみ合う。

 

栃木県

  • 十五夜のころ、夜中に小学生が藁をなった棒で地面を叩き「大麦あたれ、小麦あたれ、三角畑のそばあたれ」と唱えながら、家々をまわる。やられた家はお菓子とお金を差し出さなければいけない。

 

  • お盆は提灯持ってお寺まで迎えに行き、火を貰ったらご先祖様をおんぶして帰宅。
    送り盆は白玉団子を沢山作り、お寺までの道中や敷地内にいらっしゃるお地蔵様に供える。線香も置くが火は点けなくて良い。自分ん家のお墓にも団子と線香(ここでは火を点ける)を供え、余った団子はその場で皆で食べる。

 

  • 栃木の田舎の方で自宅で披露宴をするとき、入り口におけに入った鯉が居る
    ハンマー的なもので頭を叩いて、記帳をしたりお祝いを出したりする
    その鯉はあとで料理されて出てくる。

 

  • 近所に死者の霊魂がその岩肌に集まるといわれる岩山がある
    この地域一帯では、新盆にその山の寺に故人の供養に訪れる人が今も多い
    先住民族の古神道に由来する山岳信仰
    アニミズムがまだ人々の間に生きていて、且つ神仏習合の
    名残を見ることができる。

 

岩手

  • お墓参りの後お供えした食べ物をちょっと失敬してよい。
    ただしお持ち帰りは厳禁
    御先祖の霊と食べ物をシェアすることで親睦を深める・・・ということなのか

 

  • 隠し念仏という風習が伝わる
    要するに密教をタネにした秘密結社で、岩手の田舎には今もこの秘事法門という仏事が伝わる
    これは仏を体内に入れるという儀式をするもんだという

 

 

東海地方沿岸部

  • 台風が来ると軒先に鎌を付けた竹竿を立て、大黒柱の下に米を盛る

 

  • 悪い風の吹く日は、窓に鎌をつける
    鎌をつけるというのは風を切るという意味があるらしい。

 

某神社に赤い蝋燭を立てると海が荒れる

昔海沿いにある社のふもとで蝋燭を売って暮らしを立てていた年寄り夫婦がいた。参拝客はそこでろうそくを買い、社に供えていったという。ある晩、爺さんが海岸を歩いていると赤ん坊をみつけた。

この赤ん坊には普通の人間とは違い足がなく、代わりに魚のひれがついており、どうやら人魚の子であるらしかった。しかし、子供のいない夫婦はその赤ん坊を海神からの授かりものだとして、大事に育てることにした。やがて人魚の赤ん坊はすくすくと育ち美しい娘になり、夫婦の仕事を手伝って蝋燭に絵を描くようになった。その絵が非常に見事なことと、娘の美しさが評判になりろうそくは飛ぶように売れた。やがて社には国中から参拝者が集まるようになり、さびれた漁村は大いに活気づいたそうだ。

あるとき噂を聞きつけた香具師が江戸からやって来た。その香具師は一目で娘の正体を見破り、娘を売らないかと夫婦に持ちかけた。始めはかたくなに拒んだ夫婦であったが、人魚は不吉なものだという香具師の言葉と、なによりすさまじい大金に目がくらみ娘を売ることを承諾してしまう。

この話を聞いた娘は、どうか自分を売らないでくれと泣いて頼んだが、金に目のくらんだ夫婦は聞く耳を持たず娘を香具師に引き渡した。それでも娘は連れて行かれる寸前までろうそくに絵を描き続け、残されたろうそくの中に一本だけ真っ赤に塗られただけのものが混じっていたそうだ。

おそらく最後まで絵を描き続けた娘が最後の一本に残った絵具を塗りつけたのだろう。それを見て、娘が急に不憫になった夫婦は、その蝋燭を社に供えて娘を供養することにした。

するとその晩、海が荒れて多くの船が海に沈んだ。乗っていた人間は誰一人助からなかったそうだ。沈んだ船の中には娘を乗せた香具師の船も混ざっていたという。

その後、あたりは急速にさびれ、社の存在も忘れ去られてしまったが、今でも赤いろうそくを備えると海が荒れるため漁師の間では禁忌となっているらしい。

 

東海地方

  • 子供は夕方に後向きに歩いてはいけない、ヤノヤニ様に連れていかれるから

 

  • 守り神が猿なので犬を飼ってはいけない

 

  • 生き物の死骸に情けをかけたら寿命が縮む

 

  • 葬式は白装束

 

東海地方山間部

  • 山道を塞ぐように張られた蜘蛛の巣は破ってはいけない。通る場合は一礼してくぐる

 

  • 2月12日~3月1日まで女性は入ってはいけない竹林の山があって、その間男性が厨房に立ち、男性が炊いた飯を山に備える
    山から鈴の音が聞こえてきたらすべての戸を閉める
    まれに鈴の音に誘われて女性が山に入ると竹の神様の子供を妊娠してしまう
    うちの曾祖母さんが子供の頃には「竹の子」と呼ばれる女性が実在した

 

  • 通夜と葬式では4人にトゲの付いたタラの木の杖を持たせる
    黄泉の旅路で餓鬼を追い払うのに使うと考えられている

 

  • 爺ちゃんにいわれた事
    稲刈りの時期には8歳になる男の子が山頂付近にある天狗の面を着けて里におりてきて、稲刈りが終わったら米を持たせて元の場所に面を戻させていた…らしい

 

カミコ

うちの曾祖母さんの生まれた村にはカミコって呼ばれる神事を取り持つ巫女(厳密には男でもなれるから巫女じゃないけど)がいたんだけど、カミコさんになる条件は、1つが双子の妹である事、もう1つは先に生まれた姉(兄)の肉を11歳の時に食べる事

曾祖母さんの代に最後のカミコさんがいたらしい
食人にあたる風習はかなり調べたけど日本ではこれしか知らない

てか俺が民俗学に興味を持ったのもこの話がきっかけ

曾祖母さんが死ぬ2ヶ月前に親父も爺ちゃんも知らないこの話を俺にだけ聞かせてくれたのにはそれなりに訳があったんだと思う
普通に村では農耕してたみたいだけど、さっきも書いたけど地名がアイヌっぽい響きだからもしかしたら狩猟民族の末裔かもしれない

柳田國男の山の一生によると青森から三重までアイヌの流れを汲む民族が転々としていたらしい

ちなみに双子の姉は生まれた時点で「オニコ」として実の母親によって首ちょんぱして11年間塩漬け保存

カミコさんには食べさせるまで事実を伏せるという徹底ぶり

11年目の肉を食べさせる日の事をオニコカエシって言う

 

近畿

  • 夜道で後ろを振り返る時は袖の下から一度覗き込んで確認してから体を後ろに向ける
    袖の下から覗き込むと悪いものを見分けられると考えられていた

 

宮城県石巻市

  • お盆に草を編んで船(1mくらい)を造り、果物などをのせて燃やす。

 

中国地方

  • 先祖代々農民のはずなんだが結婚式と葬式には村人は裃と刀を差して行列する風習があるいわれは不明

 

魚を食べない

山村だが川にはアマゴやアユ、ウナギもいたが食べる風習はないどころか、出汁ジャコ以外の動物性タンパク質は一切取らない。
エタと犬神憑きと呼ばれる人たちだけは魚を食べる風習があった。
周りはみな農民なのに明治以前から商家でもないのに、どの家も「屋号」という名目で苗字を持っていた。
犬神憑きとエタの家は魚以外にもオオサンショウウオも食べていたそうな(戦前)
周りの家は農耕用には牛を使っていたが、↑の家は馬を使う。
鶏も飼っていたが卵を街で売るために飼っていて自分達では肉も卵も食べない。
戦中生まれの父も魚も鶏も一切食べたことがないとのこと。
家系図は豪雪の冬に破れ障子を繕うために使ったために残っていないとのこと。
不思議なことに近隣の集落の全世帯が家系図を紛失したので残っていないとの伝承がある。

 

 

宮古島

年に一回神に仕える巫女たちが棒きれを持って「ヨーンテル、ヨーンテル」と叫びながら集落中の家や車などを叩いて回る行事がある
その巫女たちのことを「カエルガマ」「ヨンテルヘーヘー」って言うんだけどこれがめちゃくちゃ怖い
小さい頃からこの巫女たちが歩き回ってるところは見るな、と結構きつく言い渡されていて
家の近くに来たら必ず隠れるようにしていた
棒きれ持って何してるかって言うと集落内の悪いモノを追い回してるんだそうだ
そして全部の家や学校、公民館などを回った後、最後に集落のはずれにある断崖にその悪いモノを追い落とすらしい
ちなみにこの巫女たちは生きている人間を見つけても追いかけてくる
一回だけこっそり見たことあったけど、異様な雰囲気でスゲー怖かった

 

静岡県

  • 地元には子泣き岩ってのがある
    その岩はある川の上流にぽつんとあるんだが、霧雨の夜になると岩の下から赤ん坊の泣き声がするんだと
    で、その声を聞くと自分の家族(子供)が早4にするから、子供のいる家の人は近づいちゃいけないって言われてた

 

  • 地元に夜泣き石ってのと子産まれ石ってのがある
    夜泣き石の方は昔母子が山道で頃され~みたいな話でよくある話なんだけど、子産まれ石の方はマジですげぇ

 

  • 亡くなった人のご遺体の上(手を合わせて握らせる)に刃物を置いておく。起き上がったらそれで刺す、と言ってた。

 

  • 蛇を右手で捕まえるとたたられる

 

  • 左の手のひらの線が横一直線に通っていて尚且つ指がよく反る手を「ニガテ」と呼び、虫(爬虫類を含む)を使役できるとされている

 

  • 妊婦が葬列、火事を見ると腹の子供に痣ができるから見てはいけない
    葬式など止むを得ず参加する場合懐に鏡を忍ばせると大丈夫らしい

 

北九州

  • 母の実家では初盆に踊り子さんが来て、踊りを披露してたよ。

 

  • 踊り子さんは大体おばさんたちで、同じ地域の初盆を迎える家を同じ日(?)に順番に周って、踊りを踊って酒を振舞われる。
    その夜はその地域で祭りみたいのがあった。

 

 

埼玉

  • 出棺の際は誰も口を利いてはならず、寺の境内の樹を親類縁者だけで三回廻る
    なおこの時には喪服とは別の特別な装束を着る

 

  • あずきを煮てはいけない
    何故煮てはいけないか頑として言わない親。先祖が願掛けでもしたのか?

 

 

京都府北部

節分の豆はその夜のうちに子供が最寄の四つ角にすてなければいけない
そしてその間決して振り返ってはいけない

 

島根

客人には必ずお茶を二杯飲んでもらう

 

沖縄県

  • 変な風習といえばウチの島では年に一回(2日間で時間限定)神様の使いと鬼ごっこするのもあったな
    神聖な井戸?で地元の青年団が神様に扮するんだけど
    全身にツタを巻いて泥まみれ、木彫りの面をかぶった神様が追いかけてくるんだわ
    泥を塗られたら幸運が訪れるらしいんだけど、めちゃめちゃ臭かったのを覚えてる

 

  • 沖縄はいまでも洗骨やってるところがあるよ

 

本州全域

  • 妊婦が葬列を見るとおなかの子に黒痣が出来る
    火事を見ると赤痣が出来る
    これを回避するために妊婦には懐鏡を持たせる

 

かーちゃんが「妊娠してるときに火事の夢見ると子供にあざができる」って言ってたな
俺を身ごもってるときに火事の夢見たらしいんだけど俺の腹にあざって言うか大きなシミみたいのがある
本当だったかもってちょっとwktkする

 

 

  • 文字の書いてあるもの(本、新聞、チラシ等)を踏んではいけない
    踏むと喉が潰れる

 

  • 左の手のひらの線が横に一直線になっている手を「ニガテ」「マムシデ」と呼び、虫や爬虫類を使役できる力があると考えられてきた

 

  • 台風の風害除けに、鎌を使ってるの見ることある
    風は木気だから金克木で、なんて説もあるよね

 

蛙をとってはいけない

そういえば、爺ちゃん婆ちゃんが住んでた田舎ではなぜか「カエルを採るな」って言われてたな。

ちょっと林の方に分け入った所に池があって、何故かそこにカエルがいっぱいいてさ。

そこを見つけた事を爺ちゃんに言ったら、「お前、カエルを採ってこなかっただろうな」って言われた。

理由は今でも分からないけど、とにかく何か風習的なあれだったんだろうな。

 

全国

  • お盆には地獄の釜のフタが開いて亡者に引っ張られるから

 

  • 水辺と山に行ってはいけない

 

  • 実家はド田舎の山奥で田畑もたくさんあるけど
    キュウリだけは絶対につくっちゃいけない
全国的にそういうのあるみたいだけどね「かぼちゃを作ってはいけない」とか「茄子を作ってはいけない」とか色々あるみたいね
なんでも近隣の集落ごとに栽培禁止の作物を設けて品物の価値の棒落を防ぐ意味合いがあったっていう話もあるけど、
完全に孤立した集落でも見かけられる風習だから分からないこともあるみたい

その他

  • うちの田舎にはめいめいどりっていう鳥の声を聞いたら死期が近いって言い伝えがあるよ

 

  • 葬式や法事後に宴会。しかも赤飯を出して、お土産にも赤飯を渡す。

 

  • 守り神が猿なので犬を飼ってはいけない

 

  • 生き物の死骸に情けをかけたら寿命が縮む

 

  • 葬式は白装束

 

  • 身内で死者が出たら納骨後に故人の使用していた食器を墓場で割る

 

  • 台風の日には家の柱の下に炊いた米を置く

 

  • 引っ越したら新居の真ん中に水置いて
    「私は以前住んでいた人とは関係ありません」って言う。

 

  • ほんの30年ほど前までは夜泣きや癇癪の酷い子には「虫抜き」というまじないが行われていた
    手の甲に針を軽く刺すというものだけど、その処置をされた子の中には「細い虫が出ていくのが見えた」と応える人がかなりいたらしい

 

  • 大正くらいで無くなった風習だけど、子供の風邪がなかなか治らない時に家の周りに見覚えの無い猫がいたら殺して家の裏に埋めるって風習があった
    その猫が障りを運ぶという俗信があったらしい

 

  • 十五夜の供え餅は自分の家の人間が食べてはならない
    余所の家の数えで七歳以下の子供に食べさせる

 

  • 明治の終わりまであった風習で、子供が行方不明になると村人総出で「返せや戻せ」と歌い子供の使っていた食器を叩きながら夜道を練り歩く風習があった

 

  • 山で獣を狩ったらその場で解体して内臓は肩越しに後ろへ投げて振り返らず山を降りなければならない

 

  • 昭和初期まであった風習だけど、どうしても夜道を赤子を連れて歩かなければならない時、赤子の額に筆で「犬」と書く

 

  • 本は逆さに仕舞ってはいけない

 

  • 家にいる蛇は殺してはいけない

 

  • 山の斜面にシカクって呼ばれる場所があって女は行ってはいけない

 

  • あと七のつく日に山に入ってはいけないとか

 

  • 葬式の最後にはその死者の親類が口に小刀咥えて棺の周りを3週回る

 

  • 8歳になったら近所にある寺だか神社に行ってなんかお払いみたいなのやってもらう
    それやってもらわないと13になったときに死ぬだか病気にかかるだかって話

 

  • 夜遅くとかに山道を帰るときとかに、犬の鳴き声がしたら振り向いたり転んだりしてはいけない。
    もし転んだら「どっこいしょ、ひとやすみでございます」って言わなきゃ喰われる。
    無事に家に帰ってきたら、食い物か片側だけ履いてきた草履を投げる。
    確か送り犬とか。
    決まりさえ守れば山の物の怪とか、昔だけど狼から守ってくれる。

 

  • 友人の家では、お盆で使った品々を家の近くの川(と言っても用水路みたいなもん)に流すらしい
    流し終えて家に帰るまでのあいだは後ろを振り返ってはいけない、という決まりがあるみたい
    なんで降りむいちゃいけないの?と聞くと、「連れて行かれるから」とのこと

 

  • とある神社の境内に次のような張り紙があった
    以下の行為を禁ずる
    1、みだりに雪だるまを作ること
    2、意味もなく雪だるまを作ること
    3、ともかく雪だるまを作ること
    4、雪を丸めること理由は不明

 

  • お盆には地獄の釜のフタが開いて亡者に引っ張られるから水辺と山に行ってはいけない

 

コチラもおすすめ

日本の地方に伝わる『怖い風習・奇妙な風習』まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
地域にまつわる怖い話・伝説・伝承
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました