スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼神『両面宿儺』伝説と怖い話

スポンサーリンク
鬼神『両面宿儺』伝説と怖い話 地域にまつわる怖い話・伝説・伝承
スポンサーリンク
カテゴリー

両面宿儺(りょうめんすくな)は上古、仁徳天皇の時代に飛騨に現れたとされる異形の人、鬼神であると言われ、計八本の手足に首のない二つの顔という奇怪な姿での描写が一般的です。

『日本書紀』では、武振熊命(たけふるくまめい)に討たれた凶賊とされていますが、岐阜県の伝承では毒龍退治や寺院の開基となった豪族であるとの逸話ものこされています。

現在でも、岐阜県高山市丹生川町の千光寺に御神体として両面宿儺(リョウメンスクナ)像が祀られている。

濃飛に点在する伝説は、両面宿儺を単なる凶賊ではなく官軍に討伐された飛騨の豪族とされていたり、龍や悪鬼を退治する英雄であったり、寺院に関わったり、地域の英雄にふさわしい活躍を見せています。

これらは、大和王権に抗した古代の豪族を、その土地の人々が英雄視してきたからなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

『日本書紀』の記述

『日本書紀』仁徳天皇65年の条に両面宿儺が登場する。

 

【原文】

六十五年 飛騨國有一人 曰宿儺 其為人 壹體有兩面 面各相背 頂合無項 各有手足 其有膝而無膕踵 力多以輕捷 左右佩劒 四手並用弓矢 是以 不随皇命 掠略人民爲樂 於是 遣和珥臣祖難波根子武振熊而誅之

 

【現代語訳】

六十五年、飛騨国にひとりの人がいた。宿儺という。一つの胴体に二つの顔があり、それぞれ反対側を向いていた。頭頂は合してうなじがなく、胴体のそれぞれに手足があり、膝はあるがひかがみと踵がなかった。力強く軽捷で、左右に剣を帯び、四つの手で二張りの弓矢を用いた。そこで皇命に従わず、人民から略奪することを楽しんでいた。それゆえ和珥臣の祖、難波根子武振熊を遣わしてこれを誅した。

 

岐阜県の在地伝承

『日本書紀』では皇命に逆らう賊とされる両面宿儺だが、飛騨から美濃にかけての地方には様々な伝承がのこり、英雄として扱われているものが多いようです。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/両面宿儺

高山市の伝承

元和7年(1621年)の奥書を持つ『千光寺記』には、高山市丹生川町下保にある袈裟山千光寺 (高山市)の縁起が記されている。これによれば、仁徳帝のころ飛騨国に宿儺という者があり、八賀郷日面(ひよも)出羽ヶ平(でわがひら)の岩窟中より出現した。身のたけは十八丈、一頭に両面四肘両脚を有する救世観音の化身であり、千光寺を開いた。このとき山頂の土中に石棺があり、法華経一部・袈裟一帖・千手観音の像一躯を得たという。同じく丹生川町日面の善久寺の創建も両面宿儺大士と伝え、本尊釈迦如来のほかに両面宿儺の木像を安置する。また、位山(高山市一宮町)の鬼「七儺」を、両面宿儺が天皇の命により討ったともされる。位山の付近には飛騨一宮水無神社があるが、享保年間に編纂された『飛州志』では神宝の一つとして「七難の頭髪」を挙げ、神主家の説として鬼神七難が神威により誅伐された伝承を記す。

 

下呂市金山町の伝承

『金山町誌』によれば、武振熊命が討伐に来ることを知った飛騨の豪族両面宿儺は、八賀郷日面出羽ヶ平を出て金山の鎮守山に37日間留まり、津保の高沢山に進んで立てこもったが、敗れて討死したという。これには異伝があり、出波平から金山の小山に飛来した両面宿儺は37日間大陀羅尼を唱え、国家安全・五穀豊穣を祈念して高沢山へ去った。故にこの山を鎮守山と呼び村人が観音堂を建てて祭ったともいう。

 

関市下之保の伝承

『新撰美濃志』に引く大日山日龍峰寺の寺伝では、飛騨国に居た両面四臂の異人が、高沢山の毒龍を制伏したとする。その後行基が伽藍を創建し千手観音の像を安置した。千本桧はこの異人が地に挿した杖が生い茂ったものという。或いはこの異人は、飛騨より高沢山に移ってのち、霊夢の告により観音の分身となったともいう。また、『美濃国観音巡礼記』には日龍峰寺の開基を「両面四手上人」としている。

この他に、両面宿儺を討った武振熊命の建立と伝わる八幡社が飛騨各地にある。

 

 

洒落にならない怖い話『リョウメンスクナ』

ネットに書き込まれた有名な怖い話です。

俺、建築関係の仕事やってんだけれども、先日、岩手県のとある古いお寺を解体することに
なったんだわ。

今は利用者もないお寺ね。んでお寺ぶっ壊してると、同僚が俺を呼ぶのね。
「な~ちょっと来て」と。俺が行くと、同僚の足元に、黒ずんだ長い木箱が置いてた。

俺「何これ?」
同僚「いや、何かなと思って・・・本堂の奥の密閉された部屋に置いてあったんだけど、
ちょっと管理してる業者さんに電話してみるわ」

木箱の大きさは2mくらいかなぁ。
相当古い物みたいで、多分木が腐ってたんじゃないかな。
表に白い紙が貼り付けられて、何か書いてあるんだわ。相当昔の字と言う事は分ったけど、
凡字の様な物も見えたけど、もう紙もボロボロで何書いてるかほとんどわからない。
かろうじて読み取れたのは、

「大正??年??七月??ノ呪法ヲモッテ、両面スクナヲ???二封ズ」

的な事が書いてあったんだ。木箱には釘が打ち付けられてて開ける訳にもいかず、
業者さんも「明日、昔の住職に聞いてみる」と言ってたんで、その日は木箱を近くの
プレハブに置いておく事にしたんだわ。

翌日

解体作業現場に着く前に、業者から電話かかってきて

業者「あの木箱ですけどねぇ、元住職が、絶対に開けるな!!って凄い剣幕なんですよ・・・
なんでも自分が引き取るって言ってるので、よろしくお願いします」

俺は念のため、現場に着く前に現場監督に木箱の事電話しておこうと思い

俺「あの~、昨日の木箱の事ですけど」
監督「あぁ、あれ!お宅で雇ってる中国人(留学生)のバイト作業員2人いるでしょ?
そいつが勝手に開けよったんですわ。とにかく早く来てください」

嫌な予感がし、現場へと急いだ。

プレハブの周りに5、6人の人だかりが出来てて、例の中国人2人が放心状態でプレハブの前に座っているんだ。

監督「昨日の夜中こいつらが仲間と一緒に面白半分で開けよったらしいんですわ。
で、問題は中身なんけどね・・・ちょっと見てもらえます?」

単刀直入に言うと、両手をボクサーの様に構えた人間のミイラらしき物が入っていた。
ただ異様だったのは・・・頭が2つ。
シャム双生児?みたいな奇形児いるじゃん?
多分ああいう奇形の人か、猿かなんかを使った作り物なんじゃないかと思ったんだが・・・

監督「これ見てショック受けたんか何かわからんけど、この二人なんも喋らんのですよ。」

中国人2人は俺らがいくら問いかけても、放心状態でボーっとしていた(日本語はかなり話せるのに)。
あ、言い忘れたけど、そのミイラは
「頭が両側に2つくっついてて、腕が左右2本ずつ、足は通常通り2本」
という 異様な形態だったのね。

俺もネットや2ちゃんとかで色んな奇形の写真見たこと あったんで、そりゃビックリしたけど、「あぁ、奇形か作りもんだろうな」と思ったわけね。

んで、例の中国人2人は一応病院に車で送る事になって、警察への連絡はどうしようか、
って話をしてた時に、爺さん(元住職)が息子さんが運転する車で来た。

その元住職が来るやいなや開口一番

元住職「開けたんか!!開けたんかこの馬鹿たれどもが!!」

俺「あっ。その・・・」

元住職「しまいじゃ・・・開けたらもう、しまいじゃよ・・・」

俺らはあまりの剣幕にポカーンとしてたんだけど、住職が今度は息子に怒鳴り始めた。
岩手訛りがキツかったんで標準語で書くけど、

元住職「お前、リョウメンスクナ様をあの時、京都の◯◯寺に絶対送る
言うたじゃろが!!送らんかったんかこのボンクラが!!馬鹿たれが!!」

ホント80過ぎの爺さんとは思えないくらいの怒声だった。

元住職「開けたんは誰?病院?その人らはもうダメと思うけど、一応アンタらは祓ってやるからこい。」

俺らも正直怖かったんで、されるがままに何やらお経みたいの聴かされて、経典みたいなので
かなり強く背中とか肩とか叩かれた。結構長くて30分くらいやってたかな。
元住職は木箱を車に積み込み、別れ際にこう言った。

「可哀想だけど、あんたら長生きでけんよ」

その後、中国人2人の内1人が医者も首をかしげる心筋梗塞で病室で死亡、
もう1人は精神病院に移送、解体作業員も3名謎の高熱で寝込み、俺も釘を足で
踏み抜いて5針縫った。まったく詳しい事は分らないが、俺が思うにあれは
やはり人間の奇形で、差別にあって恨みを残して死んでいった人なんじゃないかと思う。
だって物凄い形相してたからね・・・その寺の地域も昔部落の集落があった事も
何か関係あるのかな。無いかもしれないけど。長生きはしたいです
これじゃあ俺自身、腑に落ちない点が多く煮え切らない。
あの木箱(リョウメンスクナ)の真相が知りたくて
何度も元住職に連絡取ったんだけど、完全無視でした。

しかし、一緒に来てた息子さん(50過ぎで不動産経営)の連絡先が分ったんで、
この人は割と明るくて派手めの人なんで、もしかしたら何か聞けるかも?と思い
今晩に飲みに行くアポを取った。

だが、直前になって息子さんから電話があった。

息子「やはり直接会って話すのは・・・」

と言われたんで、 元住職の息子さんに
「この電話で少しだけでも・・・」と言うと
「話せるとこまでですけど」と言う条件の元、話が聞けた。
時間にして30分くらい結構話してもらったんだけどね。

なかなか話し好きの気さくなオジサンでした。
要点を主にかいつまんで書きます。

息子「ごめんねぇ。オヤジに念押されちゃって。本当は電話もヤバイんだけど」
俺「いえ、こっちこそ無理言いまして。アレって結局何なんですか??」
息子「アレは大正時代に、見世物小屋に出されてた奇形の人間です」
俺「じゃあ、当時あの結合した状態で生きていたんですか?シャム双生児みたいな?」
息子「そうです。生まれて数年は、岩手のとある部落で暮らしてたみたいだけど、生活に窮した
親が人買いに売っちゃったらしくて。それで見世物小屋に流れたみたいですね」
俺「そうですか・・・でもなぜあんなミイラの様な状態に??」
息子「正確に言えば、即身仏ですけどね」
俺「即身仏って事は、自ら進んでああなったんですか!?」
息子「・・・君、この事誰かに話すでしょ?」
俺「正直に言えば・・・話したいです」
息子「良いよ君。正直で(笑) まぁ私も全て話すつもりはないけどね・・・
アレはね、無理やりああされたんだよ。当時、今で言うとんでもないカルト教団が
いてね。教団の名前は勘弁してよ。今もひっそり活動してると思うんで・・・」
俺「聞けば、誰でもああ、あの教団って分りますか?」
息子「知らない知らない(笑)極秘中の極秘、本当の密教だからね」
俺「そうですか・・・」
息子「この教祖がとんでもない野郎でね。外法(げほう)しか使わないんだよ」
俺「外法ですか?」
息子「そう、分りやすく言えば(やってはいけない事)だよね。ちょっと前に真言立川流が、
邪教だ、外法だ、って叩かれたけど、あんな生易しいもんじゃない」
俺「・・・具体的にどんな?」
息子「で、当時の資料も何も残ってないし偽名だし、元々表舞台に出てきたヤツでもないし、
今教団が存続してるとしても、今現在の教祖とはまったく繋がりないだろうし、
名前言うけどさ・・・物部天獄(もののべてんごく)。これが教祖の名前ね」
俺「物部天獄。偽名ですよね?」
息子「そうそう、偽名。んで、この天獄が例の見世物小屋に行った時、奇形数名を
大枚はたいて買ったわけよ。例のシャム双生児?って言うの?それも含めて」
俺「・・・それで?」
息子「君、コドクって知ってる?虫に毒って書いて、虫は虫3つ合わせた特殊な漢字だけど」
俺「壺に毒虫何匹か入れて、最後に生き残った虫を使う呪法のアレですか?(昔マンガに載ってたw)」
息子「そうそう!何で知ってるの君??凄いね」
俺「ええ、まぁちょっと・・・それで?」
息子「あぁ、それでね。天獄はそのコドクを人間でやったんだよ」
俺「人間を密室に入れて??ウソでしょう」
息子「(少し機嫌が悪くなる)私もオヤジから聞いた話で、100%全部信じてるわけじゃ
ないから・・・もう止める?」
俺「すみません!・・・続けてください」
息子「分った。んで、それを例の奇形たち数人でやったわけさ。教団本部か何処か
知らないけど、地下の密室に押し込んで。それで例のシャム双生児が生き残ったわけ」
俺「閉じ込めた期間はどのくらいですか?」
息子「詳しい事は分らないけど、仲間の肉を食べ、自分の糞尿を食べてさえ生き延びねば
ならない期間、と言ったら大体想像つくよね」
俺「あんまり想像したくないですけどね・・・」
息子「んで、どうも最初からそのシャム双生児が生き残る様に、天獄は細工したらしい
んだ。他の奇形に刃物か何かで致命傷を負わせ、行き絶え絶えの状態で放り込んだ
わけ。奇形と言ってもアシュラ像みたいな外見だからね。その神々しさ(禍々しさ?)に
天獄は惹かれたんじゃないかな」
俺「なるほど・・・」
息子「で、生き残ったのは良いけど、天獄にとっちゃ道具に過ぎないわけだから、
すぐさま別の部屋に1人で閉じ込められて、餓死だよね。そして防腐処理を
施され、即身仏に。この前オヤジの言ってたリョウメンスクナの完成、ってわけ」
俺「リョウメンスクナって何ですか?」

※神話の時代に近いほどの大昔に、リョウメンスクナと言う、2つの顔、4本の手をもつ怪物がいた、と言う伝説にちなんで、例のシャム双生児をそう呼ぶ事にしたと、言っていた。

俺「そうですか・・・」
息子「そのリョウメンスクナをね、天獄は教団の本尊にしたわけよ。呪仏(じゅぶつ)
としてね。他人を呪い殺せる、下手したらもっと大勢の人を呪い殺せるかも
知れない、とんでもない呪仏を作った、と少なくとも天獄は信じてたわけ」
俺「その呪いの対象は?」
息子「・・・国家だとオヤジは言ってた」
俺「日本そのものですか?頭イカレてるじゃないですか、その天獄って」
息子「イカレたんだろうねぇ。でもね、呪いの効力はそれだけじゃないんだ。
リョウメンスクナの腹の中に、ある物を入れてね・・・」
俺「何です?」
息子「古代人の骨だよ。大和朝廷とかに滅ぼされた(まつろわぬ民)、いわゆる
朝廷からみた反逆者だね。逆賊。その古代人の骨の粉末を腹に入れて・・・」
俺「そんなものどこで手に入れて・・・!?」
息子「君もTVや新聞とかで見たことあるだろう?古代の遺跡や墓が発掘された時、
発掘作業する人たちがいるじゃない。当時はその辺の警備とか甘かったらしい
からね・・・そういう所から主に盗ってきたらしいよ」
俺「にわかには信じがたい話ですよね・・・」
息子「だろう?私もそう思ったよ。でもね、大正時代に主に起こった災害ね、
これだけあるんだよ」

1914(大正3)年:桜島の大噴火(負傷者 9600人)
1914(大正3)年:秋田の大地震(死者 94人)
1914(大正3)年:方城炭鉱の爆発(死者 687人)
1916(大正5)年:函館の大火事
1917(大正6)年:東日本の大水害(死者 1300人)
1917(大正6)年:桐野炭鉱の爆発(死者 361人)
1922(大正11)年:親不知のナダレで列車事故(死者 130人)

そして、1923年(大正12年)9月1日、関東大震災、死者・行方不明14万2千8百名

俺「それが何か?」
息子「全てリョウメンスクナが移動した地域だそうだ」
俺「そんな!教団支部ってそんな各地にあったんですか?と言うか、偶然でしょう(流石に笑った)」
息子「俺も馬鹿な話だと思うよ。で、大正時代の最悪最大の災害、関東大震災の日ね。
この日、地震が起こる直前に天獄が死んでる」
俺「死んだ?」
息子「自殺、と聞いたけどね。純粋な日本人ではなかった、と言う噂もあるらしいが・・・」
俺「どうやって死んだんですか?」
息子「日本刀で喉かっ斬ってね。リョウメンスクナの前で。それで血文字で遺書があって・・・」
俺「なんて書いてあったんですか??」

日本 滅ブベシ

 

俺「・・・それが、関東大震災が起こる直前なんですよね?」
息子「そうだね」
俺「・・・偶然ですよね?」
息子「・・・偶然だろうね」
俺「その時、リョウメンスクナと天獄はどこに・・・??」
息子「震源に近い相模湾沿岸の近辺だったそうだ」
俺「・・・その後、どういう経由でリョウメンスクナは岩手のあのお寺に?」
息子「そればっかりはオヤジは話してくれなかった」
俺「あの時、住職さんに(なぜ京都のお寺に輸送しなかったんだ!)みたいな事を
言われてましたが、あれは??」
息子「あっ、聞いてたの・・・もう30年前くらいだけどね、私もオヤジの後継いで坊主に
なる予定だったんだよ。その時に俺の怠慢というか手違いでね・・・その後、
あの寺もずっと放置されてたし・・・話せることはこれくらいだね」
俺「そうですか・・・今リョウメンスクナはどこに??」
息子「それは知らない。と言うか、ここ数日オヤジと連絡がつかないんだ・・・
アレを持って帰って以来、妙な車に後つけられたりしたらしくてね」
俺「そうですか・・・でも全部は話さないと言われたんですけど、なぜここまで
詳しく教えてくれたんですか?」
息子「オヤジがあの時言ったろう?可哀想だけど君たち長生きできないよ、ってね」
俺「・・・」
息子「じゃあこの辺で。もう電話しないでね」
俺「・・・ありがとうございました」

以上が電話で話した、かいつまんだ内容です・・・はっきり言って全ては信じてません。

岐阜県飛騨市に祀られているリョウメンスクナ像を見に行った者が現る

 

山道を走っていたら不思議な場所を見つけた。

全然大した話ではないかもしれないけど暇な奴聞いてくれ。
仕事柄山に行くことが多く今日も山での仕事だったんだ
いつもは山道の途中で脇道に逸れて仕事をしてるんだけど今日は現場の仕事が早く終わったのね
で、会社に早く帰る訳にもいかないので、時間つぶしのために先輩と二人で普段行かない山道の奥に行ってみることにした

現場から車で10分ぐらい走ったところで山道が途切れて少しひらけた場所に出てそこで車を停めた
その平地には賽銭箱の様なものと石段があってその上には何かが祀ってあるみたいだった
ただ、なんというか普段神社で目にするようなものとは少し違ってなんとなく不思議というか不気味な感じがした
何枚か写真を撮ったのでうpする

 

 

まあそれだけの話なんだけどね
詳しい人いないかと思ってスレ立てたんだ
場所は岐阜県の飛騨ね

 

洒落にならない怖い話『龍神と対峙している呪われた阿修羅』

【神と妖怪が見える俺】対馬で日本を護り祟り神でもある“龍神”と対峙してる“呪われた阿修羅”のような化け物を見てしまって怖い

 

 

ガキの時対馬つう島に住んでた
んでガキの時俺は妖怪や神様が見えた、ここで勘違いして欲しくないのは幽霊じゃない、妖怪や神様、あっちとはチャンネルつうか見る眼が違うらしい。

んで我が家の家から正面少し歩いたら海なんだ、何も海の家つうわけじゃない、だいたいその辺りはそんな感じ、そんで産まれてからしばらくの間俺には正面の海を馬鹿でかい蛇の胴体が移動してたのが見えてた。
大体5歳くらいの時に友人に話したらそれはおかしいって馬鹿にされて発覚、爺さん婆さんに霊能力ある坊さんいる寺連れてかれて笑って教えてもらった。

「それは国を守る守り龍様だ、日本をぐるっと一周して、何匹かいるのだ、祟り神でもあるから見たとしても目を合わせなければ大丈夫」

と言われた、目を合わせたら祟られるんだと、まぁ頭すら見たことないなら大丈夫らしい

 

である台風の日、暇過ぎてちょっと外に出た日、海の方をチラッと見たんだ、馬鹿でかい蛇の頭の後ろ姿が真正面に見えた
この時点でなんつうか、思考が止まった、怖いとかヤバイって感じはしなかった
ただ最初一瞬頭の無い蛇?と勘違いした
その後ホントにいけないことをしちゃったんだ、って気持ちだけしかなかった
で、思考が止まったら目をそらす事も身体を動かす事もできない、俺は守り龍?蛇にしか見えないやつが何を見てるかも見えた。

 

まぁ、ぶっちゃけ怖い話じゃないが、俺が怖かったのは蛇様が見てたバケモノなんよ

言ってる意味がわからんと思うが、なんか子供の顔が二つ?前後にあって腕が四つか六つ、足が前後に二つずつ、出来損ないの阿修羅像みたいな?
いや、像つうか生々しい、氏体なんざ犬猫しか見た事ないが、明らかに氏んでる、でも生きて呪って、憎んで、怒ってる
表情は一切無かったよ、でも呪ってるし、なんつうか本当に悪意の塊だってなんかわかったんだ

そいつは最初水面にいる黒い何かにしか見えなかったけど、認識できた瞬間せっかく神様が止めてくれた思考が復活した
すぐに腰を抜かして、それでも逃げよう逃げようって手を地面に置いて後ろに下がろうとして、滑って、それを繰り返して掌が擦り傷だらけになった。
その間、ずっとゼヒッ、ゼヒッ、って呼吸が苦しかった、口から吸い込む空気が腐った何かの匂いで吸い続けたら氏ぬってなんとなくわかっちゃったんだ

そのままなんとか釣り道具置いてある納屋までなんとか這って逃げた、横開きの扉に手をかけた瞬間なんか、なんとなく見られてるって気がして振り向いた、簡単に言ったら蛇様が顔を横に向けて少し俺を見てただけ。

で、俺そのまま気絶、次起きたら隣の隣の家の駐車場の水溜りに転がってた。

んで頭の中になぜか「東の浜には行くな」って何度も思い浮かぶ、俺の町の中には岩瀬っていうか、石ばかりの東の浜って海岸がある。
その周囲には信じられんだろうが祠や鳥居や社、お不動様の像や、大黒様の像、地蔵様がわんさかあるんだ。

んで余りにもそれだけしか頭に思い浮かばないで頭おかしくなりそうだったから例の坊さんに連絡取ってもらってあった事を話した。

そしたら「じゃあ私が見てきます」って台風の次の日なのに見てきてもらったのね
そしたら灯台までの道、コンクリートで固められたら橋みたいなとこがデカデカとえぐり取られてた。
そんで坊さんがコレはいかん、と思ったらしくて急いで鳥居やら仏像見て回った。
何体か首が取れた地蔵様やら荒らしに荒らされまくってたらしい。

それ以来俺は神様や妖怪は見えなくなったが、あの時の蛇様が対峙してたアレがなんなのかだけ今も気になるが、絶対に調べたくもない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
地域にまつわる怖い話・伝説・伝承 神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました