スポンサーリンク
スポンサーリンク

『三つの神社クビになった神職』 – 本当にあった不思議な話・怖い話

『三つの神社クビになった神職』 - 本当にあった不思議な話・怖い話 不思議な話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

霊感が強すぎて三つの神社クビになった神職だけど

 

三社とも違う理由

一社目→ポルターガイストでクビ。

二社目→お祓いした案件が触れちゃいけないものでクビ。

三社目→悪霊払いでクビ。

神社をクビになったエピソードはこんな感じ。

 

一社目

一社目は新卒で地方の由緒ある神社。
神社としては社格もあって観光地ってことでそれなりに参拝客や祈祷もあったので忙しかった。
霊感が強いのが分かったのは小学校高学年ぐらい。
祖父が死んだんだけどずっと遺体の隣にいて
え??分身したの??と思いながら一月半ぐらい一緒に生活してた。
葬式もやったけどいるから実感がなくてみんな泣いてる中??って感じで過ごしてた。
これが霊現象?を記憶の中で感じた一番初めです。

 

一社目はさっき言った通り。
神社の基本業務としてあるのが御祈祷、外祭、巫女がいない時に御朱印とお守り頒布、掃除などがある。
まぁあとは事務仕事なんだけど一社目の神社じゃ新人は外祭に回されるのが伝統になってた。
なので一年目から外祭担当で地域の色々なところに車で行ってやってた。
外祭の主な種類は地鎮祭とか神葬祭、清祓や御霊祭とか。
今思うと二つ目に言ったところが良くなかったんだと思う。

神職になったのは気まぐれというか日本文化に興味があったから。

それでもって人生で初めて一人でご奉仕した一件目は神葬祭だった。先輩から習ったことを真剣に思い出しながらやって緊張してたけどなんとかこなせた。
大体奉職して二ヶ月目のことかな。
二件目が本当に良くなかった。二件目の内容が清祓。ようするに引っ越しや良くないことが起こったりした時に浄め祓う為に行うのですが
その場所がつい先日女性が自殺したという曰く付きの場所らしく不動産会社として清祓することでお祓いしました、という文句を付けたい為に依頼したものだった。

 

嫌だなーと思うけど下っ端だから言われるがまま現場に行った。
部屋に入ると感じる重々しさ。やっぱりこういう現場は雰囲気が違うのね。
でもやむなし!やるしかない!
斎場を補設して神饌をあげて祭事を始めようとするんだけど、トマトが落ちる。神饌は案という机の上に三方っていう台に皿を引いて乗せるんだけど何故かトマトが落ちる。
大根とか色々乗せるのになぜかトマトだけ、しかも落ちるだけじゃ、衝撃少ないはずなのに潰れる。
三個全て落ちて潰れてしまったので仕方なくそのままやることにした。

 

今考えるとお神酒が入ってたヘイシュって物に穴空いてないのにお神酒が漏れてるとかあったけど
なんだかんだ順調にお祓いは終えて立ち会った業者に挨拶して帰ろうとしたら見慣れない顔が一人部屋から一緒に出てくる。
こんな人いたかなと思いつつ車に荷物乗せて車を出そうとしたら助手席にその人が座ってる。
んん???と思い、「車間違ってませんか?」と話しかけてもひたすら前を向いてる。
急いで車降りて業者さんに「あの人知りませんか?」と聞いても
「何言ってるんですか?笑 神主ジョークですか?怖いからやめてくださいよーww」
と言われてしまいあ、これは人外のモノなんだ、と理解した。

 

とはいえ学校ではもちろん神社でも幽霊との接し方なんて習ってないからとりあえず大祓詞ってのを唱えながら帰った。
唱えてると苦しそうな顔して睨んでくるから困った。

これからこの女性の幽霊は神社に住み着きます。
何故か本殿近くには入れないらしく本殿より離れた社務所や神楽殿、神饌所にいつもいた。

 

この霊は気を引きたいのか今後悪さをします。
それも僕の業務に関わることで。
たとえば朝早いお祭りの時は前日に神饌は予め組んでおいて当日の朝運ぶことになるのですが
それが朝見たら全部崩れて床に潰れて落ちてる、とか
私が担当のお守りの発注先に無言電話がひたすら入ってるとクレームが来たり
僕が使った後のトイレで鏡が割られてたり
宿直で寝てたら人の声がして起きても誰もいないとか色々業務に支障が出る事象が起こりました。

 

そんなこんなの幽霊と一緒に仕事をしているある時放火未遂が起きた。
ボヤ騒ぎってヤツですかね。
幸い火は消し止められたんだけどそれがまた不思議な話だった。
ある通報した近所の人の話によると裸足の黒いワンピースのようなものを着た女性がバケツで水をかけて火を止めていたという。
そのバケツも現場の近くに置いてあったが、それは神社の所有のもので使われてない倉庫のものだった。
誰も出してないのに。

結果タバコを吸ってる僕が放火の犯人にされて今までやらかしたこと(霊がやった事)も含め被害届は出さないから自主退職してくれってことで実質クビになりました。
ちなみに被害届が出され経歴に傷が付いたり、クビにされると家の出がよくない限り神社界では未来永劫干されます。
宮司さんなりの配慮だと思ってます。

 

そして辞める日に荷物をお宮に取りに行き
鳥居から出る時女性の声がした。
「今までありがとう 楽しかった」
これは後々不動産業者に行き分かったことだが
私が依願退職した日は清祓した女性の49日目で
また自殺した時、女性は黒のワンピースを着てたらしい。

とはいえ結果職を三ヶ月半で失ったので人生絶望でした^ ^

 

ちなみに神社界はあまり労働としては良い環境ではないので労基なんか関係ありません。
関係あるなら残業代出してくれと思いますがそこまで金のある業界でもないのでわがままは言えないっす。

 

成仏って表現が合ってるのか仏教じゃないので分かりませんがそれ以来そいつとは合ってません。
なんだかんだ神社に来たら心地よくなったのかなと思ってる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不思議な話怖い話
カテゴリー
スポンサーリンク
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました