スポンサーリンク

都市伝説まとめ『ピアスの白い糸』『13日の金曜日』など 全10話【1】|オカルト・怖い話・不思議な話

スポンサーリンク
都市伝説まとめ『ピアスの白い糸』『13日の金曜日』など 全10話【1】|オカルト・怖い話・不思議な話 オカルト
カテゴリー

 

スポンサーリンク

都市伝説まとめ – オカルト・怖い話・不思議な話【1】

 

真夜中のダイバー

サザエやアワビ、ウニなどの高級海産物は、正規の流通ルートを通ったものでなくて
別のルートで流れてきたものもあります
いわゆる「密漁」です
真夜中に人気が無くなると数人でタンクを背負って潜水して海産物を獲っていくのです

Sさんもその密漁に参加していました
そして海に潜って海産物を採り終えて、そろそろ船に戻ろうと浮上しました
他の仲間も採り終えて船の方に戻って行ってます
ふと見るとひとりだけまだ残っている者がいました
最近入ったOでした
どうやら足が岩に引っかかっていたらしく、持っていたモリで足場を突いてようやく浮上してきました
Oさんが無事なのを確認してSさんは船に戻りました
それに続いてOさんも船に戻ってきました

Oさんが船によじ登っているときに、Sさんははっきりと見てしまいました
Oさんを海に引きずり込もうと無数の白い手が海面から伸びているのを。。。

 

自宅放火

消防士の仕事など交代制の労働勤務は深夜に仕事をしていたり
日中に寝たりと生活リズムが崩れてしまいがちです
精神的な負担も大きく、自殺率や精神障害の発症率なども
普通の勤務者と比較すると高くなるといわれています

Mさんは長年消防士として長年働いていました
その日もMさんは日勤を終えて、家族と食事をすませてMさんの奥さんといっしょに寝室で寝ていました
深夜にMさんの奥さんは焦げくさい臭いと屋外からの物音で目を覚ましました
火事かもしれないと飛び起きて窓を開けて臭いがする方を見ました
すると外にはパジャマ姿のMさんが壁にもたれてライターで家に火をつけよとしていました
「あなた やめてーー!」Mさんにしがみつくと、ハッと我に返ったMさんは自分が何をしようとしていたのかを理解して泣き崩れてしまいました
夜が明けてMさんといっしょに病院に行きました
Mさんは長期の休養が必要なことと、場合によっては転職をした方が良いということを医者から告げられました
深夜に労働を行う交代勤務の生活は仕事柄生活リズムが崩れがちになってしまったこと
無意識のうちに精神が不安定になって、抑えてきた感情を燃やすために放火に及んだのではと診断されました

それから家に帰るとMさんは奥さんにポツリポツリと話しだしました
あの日、寝ていたら「燃やせ! 燃やせ!」と誰かの声に誘われて、気がついた時は奥さんにしがみつかれていたと・・
あの声が幻聴だったのか、もしくは霊から誘われたのか真相はわかりません・・・

しかし消防士の仕事をしていると、目の前で火事で亡くなる人を見ることもあるため
その犠牲者の人達に誘われたということも・・

 

心霊写真供養

とあるお寺は心霊写真の供養で有名で、全国からさまざまな供養希望の物が送られてきます
中でも一番たちが悪いのは目が2~3倍の大きさになって写っているものだそうです
目に大怪我を負ったり失明してしまったり最悪の場合死亡するケースもあるといいます
もしこのタイプの写真が撮れてしまったら、すぐにお祓いを頼んだり身の回りに気おつけるようにと住職は忠告するそうです

高校生だったAさんは面白半分で画像ツールで目を大きく加工した写真を、そのお寺に送りました
数日して寺の住職から連絡が来て「目を怪我するかもしれないので気おつけるように」と言われました
「イタズラなのに本気になるなんてバカだな」とAさんはたかをくっていました

それから数日後、練習中の野球部員が打ったボールが学校のグランド脇を歩いていたAさんに直撃して
失明してしまいました
霊をバカにした罰だったのかもしれません

出ていけ!

ある冬の日、Kさんはアパートの2階に引っ越しました
荷物の片づけを終えて数日後、友人が遊びに来ていっしょに飲みました
夜も遅くなってきたので友人は帰っていきました
Kさんは久しぶりに飲んだため、かなり酔っていました
コタツでポカポカして、すぐにウトウトしてきました

ほとんど眠りかけていましたが、ふと窓の方を見ると窓の外に男性のような人影が見えた気がしました
ごく普通に立っているようにこっちを見ていました
「ここは2階なんだから見間違いだろう」
もう一回見たら何もありませんでした

それから2時間くらい眠って、ふと喉の渇きで目が覚めました
水でも飲もうと起き上がろうとしたときに、ふと窓の方に目を向けた瞬間
男が窓の外あらこちらを覗いているのがはっきりと見えました
ここは2階で、窓の外には人が立てるほどの場所はありません

薄暗くてよく見えませんが、こちらを睨んでいるような表情でした
状況から考えてその男は生きている人間には思えませんでした
そういえばさっき寝入る時に窓の外に見えた男の顔でした

彼女はパニックにおちいってしまい、とっさにコタツの布団をかぶって中に隠れました
ガタガタとコタツの中に隠れていました
早くいなくなってほしいと願いました

すると布団の正面から男の生首だけがスーーッと通り過ぎて入ってきました
その生首は彼女の顔のすぐ前まで近づいてきました
生暖かい気持ちの悪い息が彼女の顔にかかってきます
Kさんは怖さのあまりカラダが動きません
そして生首の男はカッと目を見開いたかと思うと
「出ていけーーーーーーーーーーーー!!」と叫びKさんはそのまま気絶してしまいました

目が覚めたKさんは急いでその部屋から引っ越しました
その後Kさんは「あそこに住んでいた男性が数年前に首を吊って死んでいたこと」を後で噂でききました

 

声のでる絵本

ボタンを押すと「こんにちは」とか「ありがとう」と声の出る絵本がありました
いろいろなシーンに合わせて録音された音がでる
「声の出る電報」に似たようなものです
3歳の息子はその声の出る絵本がタイヘンお気に入りでした

ある日の深夜、寝ていると隣の部屋から「いってらっしゃいいってらっしゃいってらっしゃい・・・」声が聞こえてきました
絵本に録音されている音あ勝手に鳴りだしたようです
「うるさいな」
その絵本がある部屋に行くと音は消えました
そして寝室に戻ってまたベットに入ると
「ただいまただいまただいま・・・・」とまた聞こえてきました
そしてまたその部屋に行くと絵本の音は消えました
だんだんイライラしてきて、その絵本の電池を抜き取ろうとフタを開けたのですが、中には電池が入っていませんでした
ビックリして絵本を床に投げつけると「さようならさようならさようなら・・・・」と部屋中に鳴り響いたのでした

 

電子レンジにネコ

「電子レンジにネコを入れないでください」と注意書きがされはじめた理由

アメリカでの出来事
子供が庭で遊んでいると偶然ホースで猫に水をかけてしまった
このまま濡れたままだだと風邪をひくかもしれない
かわいそうだと思った子供は猫を抱えてキッチンに行きました
電子レンジであたためてあげたら、簡単に乾かすことが出来るかもしれない
そして猫を電子レンジに入れてスイッチを入れました
かわいそうに猫は破裂してしまいました

それを見たその子の祖母は
「濡れた猫をレンジに入れてはいけない」と電子レンジに注意書きをしていないのは
メーカーの落ち度であるとしてメーカーに賠償金を請求したそうな・・・。

電気製品の取扱説明書にPL(Product Liability=製造物責任)法対策として
どうでもいい注意書きが長々と書かれていることがあります
『動物を入れないでください』という電子レンジの注意書きを皮肉って
こんなお話が生まれたのかもしれませんね

 

赤い紙 青い紙

放課後の学校

部活を終えて帰宅する前に、男子生徒は個室トイレに入った
そして用を済ませた後に紙が無いことに気付いた
「困ったな どうしよう」と考えていると
ドアの前から「赤い紙が欲しいか、青い紙が欲しいか」と男性の低い声がした
男子生徒は急に声をかけられて、なぜ紙が無いのを知っているのか不思議に思ったが
このままではどうにもできないため
「赤い紙」と答えた

その翌日、男子生徒がトイレの中で大量出血を起こして死んでいるのが発見された

数週間後
別の男子生徒が放課後、そのトイレに入った
数週間前に不審な事件があったと噂になっていたが、どうしても我慢ができなくなった
そして用を済ませた後に紙が無いことに気付いた
「困ったな どうしよう」と考えていると
ドアの前から「赤い紙が欲しいか、青い紙が欲しいか」と男性の低い声がした
噂では「赤い紙が欲しいか、青い紙が欲しいか」と質問され
「赤い紙」と答えると出血多量で死んでしまうことが分かっていたから
「青い紙」と答えた

翌日、男子生徒は体中の血液を抜かれ全身真っ青になった姿で発見された

この話では違う紙の色を答えれば助かるという説と
違う色を答えるとあの世に連れて行かれて消されるという説などあるそうです

ピアスの白い糸

ある女性が家で耳にピアスの穴を開けようとしていた。

その女性には姉がいて、ピアスを付けていたので、
それに憧れていたからだ。

鏡を見ながら、自分で自分の耳に穴を開けた。

すると、開けた穴から少量の血と一緒に、白い糸のようなものが
飛び出していた。

その糸を引っ張った瞬間、目の前が真っ暗になった。

女性は「誰?電気を消したのは?」と言ったが、
姉は「誰も電気なんか消してないわよ」と答えた。

耳から出た白い糸は、視神経だったため、引っ張り出した
瞬間にその女性は失明してしまったのだ。

この話は、実際に耳たぶには視神経は通っていないため、
学校などでピアスの危険性について説明するために
広まった都市伝説の一つ。

 

13日の金曜日が不吉とされる理由

13日の金曜日はキリストの処刑された日が13日の金曜日だったこと
最後の晩餐に出席した裏切り者のユダが13人目の来訪者だったことなどから
キリスト教の間では「13」と「金曜日」が忌み嫌われています

日本でも13という数字は13階段は死刑台へと続く段数と同じで縁起が悪いと避けられたり、あの世へ通じる数字として嫌われています

1306年10月13日金曜日フランスのフィリップ4世は聖職者のテンプル騎士団員を火刑にし
この出来事は中世ヨーロッパで残酷で不吉な日として記憶されることになりました
(テンプル騎士団員が一斉に大量逮捕されたのがこの日ともいわれています)

2010年8月13日(金)イギリスで航空ショーを見物していた13歳の少年が落雷にあうという事件がありました
その時刻は「13日の金曜日」の13時13分でした

また、ある調査によるとアメリカ人の約1700万人から約2100万人の人が「13日の金曜日」を恐れていると推計されているそうです
そのため「13日の金曜日」には飛行機や自動車で出かけるのを控えたり、日課にしていることをやめたりするため、その日だけで約8億ドルから約9億ドルもの経済損失が発生しています
経済界にとってもまさに不吉な日です

イタリアでは17日の金曜日、スペイン語圏では13日の火曜日が不吉な日とされていますが、
フランスでは「不運X不運=幸運」という考え方もあるそうです

 

クレヨンしんちゃん しんこちゃんの謎

2008年よりアニメオリジナルキャラクターとして登場した「しんこちゃん」
この「しんこちゃん」の影響もあって、さらに広まっている都市伝説があります

しんこちゃんは実は未来のひまわりの姿という説です
しんこちゃんは野原兄妹特有の、笑ったときに目の辺りに紫色の影が現れること
それとお前は誰だーとしんのすけにと聞かれた時に「ひま……な子供 しんこでーす」と自分のことを
ひまわりと言いかけていたシーンや
「しんのすけのことを「「おにいちゃん」と言いかけ「おに…ぎり頭」と言いなおしていました
また、放送終了後のエンディングスタッフロールで表記が???となっていて、主要キャラクターと同じ声優ではないのだろうか」と具体的な理由があります

しんこちゃんの正体はしんのすけとあいちゃん「酢乙女あい」の子どもではないかとウワサされています

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
オカルト 都市伝説
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました