スポンサーリンク

『赤口さま』- 神様にまつわる怖い話・不思議な話

スポンサーリンク
『赤口さま』 - 神様や神社にまつわる怖い話・不思議な話 怪異譚
カテゴリー
スポンサーリンク

神様にまつわる怖い話・不思議な話

神様や神社などにまつわる怖い話・不思議な話の体験談を読みやすくまとめました。

 

赤口さま

皆さんは赤口さまって知ってますか。

こっくりさんみたいなものなんですが、こっくりさんって占いのためじゃないですか。赤口さまは違うんです。赤口さまは呪いのため。根本的に目的が違うんですね。

ここで「そんなの聞いたことないよ」って人がほとんどだと思います。それはそうでしょう。これはもともと「表」の遊びではありません。

「遊び」という言葉の意味は昔は今とは全く違う意味でした。神との交信、それが「遊び」だったのです。これはそういった意味の「遊び」です。

前置きが長くなりました。去年の話です。

同僚のSと飲みにいったときのことでした。
「Oのやつホント腹立つよな」ポツリとSが漏らした言葉に私は大いに賛同しました。Oというのは私たちが所属していた部署の上司で性格が悪いうえに、部下の手柄を横取りするような人間で皆に嫌われていました。しばらく悪口を言っていた私たちですが、

「なあ、Oに一泡吹かせないか」
興味をもった私はSに詳しく話を聞いてみました。聞くところによるとSの実家の方には、赤口さまという呪法があるそうです。それを行えば呪った相手に様々の危害を与えられるというのです。

酔っていたこともあり、私は軽く「やろうやろう」と承諾してしまいました。

一週間後、携帯にSから連絡がありました。
「こないだ言ってたやつやるからHの家に来てくれ」すっかりそんな話など忘れていた私は正直めんどくさいので嫌でしたが、しぶしぶ行くことにしました。

軽く着替え車に乗り込みHの家に向かいました。
「いつのまにかHまで巻き込みやがって」そんなことを考えながらHの家に着きました。

中に上がるとSとHが私を迎えました。
「おう、よく来てくれた。これ三人じゃないとできないんだよ」

赤口さまの方法は次の通りです。

まず三人が等間隔で正三角形になるように並びます。そして三人の前に一枚ずつ紙を置きます。紙には50音を書いておくのですが、「あいうえお」ではなく「いろはに」で書きます。そして裏面に自分の名前を書きます。一人目は二人目を、二人目は三人目の方を向き、三人目は三角形の中心を向きます。三角形の中央には赤口さまへのお供え物と、50音を書いた紙を置きます。ちなみに私たちの供え物は野良猫でした。遊びでも気味が悪いと思いました。

「じゃあ始めるか」
Sに教わった通りに私とHは怪しい言葉を唱えました。順番はH→私→Sです。
「ひとつ一人の恨みを連ね」
「ふたつ二人の恨みを連ね」
「みっつ御霊を呼び出したう」

しばらくしても何の変化もなくHが「ははは、やっぱこんなもんか・・・」
と言ったそのとき

空間が急に重苦しくなり言葉を発することすらできなくなりました。三人とも無言のまま、辺りは異質な静寂に包まれました。

見るとSが顔を真っ青にしながら手を中央の紙に伸ばしています。指は文字を指し始めました。
「うらみつらぬるものをしめせ」

次にHが青ざめ自分の紙に指を這わせました。Oの名前でした。Hまでがおかしくなり私は場から逃げたくなりました。

異変は私にも起こりました。指が勝手に紙に向かうのです。指は紙の前で止まりました。恨む相手を教えろ、そう指示されているようでした。私は、自分の意志でOの名前を指しました。
ここまでの事が起きるなんて誰も思いませんでした。でも、もうどうすることもできなかったのです。

Sの番が来ました。Sの指は中央の紙から自分のへと移り、Oの名前を指しました。このとき三人は、死んだような顔をしていました。

「うらみつらみしかととどける かわりにくちのりをさせよ」

途端ピクンとSが震えました。次の瞬間Sは猫に覆いかぶさりました。

ボシュッ・・・

確かそんな感じだったと思います。Sは猫の首に食らいつきました。骨を砕き肉を食らうSは正に鬼でした。猫は目を飛び出るほどに見開いたかと思うと、間もなく気味悪く痙攣し始めました。そのままSは猫の頭に口を移し、頭部を3分の1ほど食べたと思います。頭からは脳がずり落ち、Sの口は血で真っ赤に染まっていました。

そこでSは正気に戻りました。その場で激しく嘔吐し、猫の一部だったものが床一面に散らばりました。Sはうずくまりガタガタ震え始めました。

私とHは無言のまま、猫の死骸を片付けました。あのときの嫌な匂いは忘れられません。どうにかSを落ち着かせその日はSを送り解散。

次の日、会社はOの死で騒然となりました。昨夜Oが車にひかれ死んだというのです。しかも一度だけでなく、後続車にもひかれ頭部はボロボロに破砕されたそうです。

私たちは罪悪感というよりも恐怖でいっぱいになりました。言いようのない恐怖。私たちは絶対に「あの出来事」を他言すまいと誓いました。

Sはしばらくして会社を辞めました。現在は精神科に入院しています。気が狂ったのです。Oの死から4日後、Sは半狂乱でHを襲い、Hの右耳を食いちぎりました。Hと私は今でも会社にいます。

ところで、私はこれを語るためだけに書いたのではありません。まだ続いているのです。赤口さまはたびたび私を訪れます。頭の中で声が響きます。

「まだまだたべたいたべたりないたべたりないたべたりないたべたりないたべたいたべたいたべたい」

最近Hを見るとどうにも食欲が止まりません。Hも私を食べたそうな目で見てきます。このままでは、私たちはお互いに食べあうでしょう。

これを読んで下さった方、どうかお願いです。憎い人がいたら赤口さまを呼んで下さい。そして赤口さまに供え物をして憎い人間を消して下さい。そしたら私たちは助かると思います。お願いします。あなたにも悪い話ではないと思います。また、別の誰かに赤口さまをやらせればあなたは助かるのですから。

お願いします。赤口さまを呼んで下さい。赤口さまを呼んで下さい。赤口さまを呼んで下さい。赤口さまを呼んで下さい。赤口さまを・・・

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
怪異譚 神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました