スポンサーリンク

【破壊神】日本と世界の『破壊を司る神・女神』 一覧

スポンサーリンク
【破壊神】日本と世界の『破壊を司る神・女神』 一覧 神・仏
カテゴリー

 

破壊神とは、その名の通り破壊を司る神のことで、宗教における破壊、滅亡を司る神格を持つ神です。

この「破壊」は、単なるや物理的な消滅や殺戮の他に、秩序・世界や人類全体の消滅などがあり、破壊の先には大いなる変化・創造があるとされます。

ここでは、日本と世界の神話に登場する破壊を司る神を紹介します。

 

スポンサーリンク

日本の破壊を司る神

 

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

古事記では「建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)」
日本書紀では「素戔男尊(すさのおのみこと)」

須佐之男命。歌川国芳作

神名の「スサ」は、荒れすさぶの意として嵐の神、暴風雨の神ともいわれる。

八岐大蛇退治の英雄。
出雲の鳥髪山へ降った建速須佐之男命は、その地を荒らしていた巨大な怪物八俣遠呂智への生贄にされそうになっていた櫛名田比売命と出会う。スサノオは、クシナダヒメの姿形を歯の多い櫛に変えて髪に挿し、ヤマタノオロチを退治する。そしてヤマタノオロチの尾から出てきた草那藝之大刀(くさなぎのたち=草薙剣)を天照御大神に献上し、それが古代天皇の権威たる三種の神器の一つとなる。

世界の破壊を司る神

 

シヴァ

ヒンドゥー教の神。
世界の創造、維持、再生を司る最高神。
三神一体の一神として、「再生の為の破壊」の役割を担っています。
インド神話に登場する最高神には、「シヴァ神」「ヴィシュヌ神」「ブラフマー神」の三神がおり、同一の神として対等な力をもっていると言われています。
破壊を司る「シヴァ神」に対し、「ヴィシュヌ神」は維持、「ブラフマー神」は創造を司ります。
1000を超える異名があり多種多様な性格を持っています。

シヴァ ヒンドゥー教の神。

 

ジャガンナート

ヒンドゥー教の神。
名は「世界の主」の意。
ラト・ヤートラー祭では、ジャガンナートらを載せた巨大な山車が大通りに出され、グンディチャー寺院までの約2.7kmの道程を練り歩く。
この神聖な行列を観た者には福徳があると信じられており、山車の周りは毎年大勢の人々でごった返している。
13世紀末~14世紀初期のフランシスコ会宣教師オドリーコ・ダ・ポルデノーネは、当時のこの祭りについて「救済を求め、ジャガンナートの山車に轢かれて死ぬことを望む信者がいる」としるしている。
この報告から転じて英語『juggernaut (ジャガーノート)』は「恐ろしい犠牲を強いる絶対的な力や存在」を意味する単語ともなっている。

 

トラウィスカルパンテクートリ

アステカ神話に伝わる破壊神。
明けの明星(金星)の擬人化で、その名は「曙の主」を意味する。古代アステカでは、金星からの光はあらゆる災いをもたらすものとされていた。
激しく燃えさかる槍(光線)を投げつける姿で現される。

 

マサライ(Masalai)

ニューギニアのアラペシュ族に伝わる氏族神。

岩や水溜りなどに棲み、その姿は斑模様や縞模様、または双頭の蛇とされる。
狩猟神だが、侵入者に対しては容赦無く害悪をもたらすとされる。
妊婦には流産や死産、病気や死をもたらし、風や地滑り、地震や洪水などの災害を引き起こす力を持つという。

ある時、とある村で村人達がウナギを殺して食べた事によりマサライの怒りに触れ、マサライに村ごと滅ぼされてしまった。しかし、ウナギを食べなかった一人の女だけが生き残った。その女は身体からヤムイモを生み出す力を得て、一緒に住むようになった人々から感謝されるようになったとされる。

 

マハーカーラ

ヒンドゥー、仏教とシーク教に共通の神。
ヒンドゥー教で、シヴァの別名のひとつとされる。

マハーカーラ

腕が4本で3つ目、1千万の破壊の黒炎の輝きを放ち8ヵ所の火葬場に囲まれて暮らす。身を飾る8つの頭蓋骨、5体の骸を椅子代わりに腰を下ろし、手に三つ又の鑓 (やり) に太鼓、長刀に鎌を携える。全身に火葬場の灰が降りかかり、その周囲を取り囲むハゲタカとジャッカルが大きな声で吠え立てるという。

世界の破壊を司る女神

 

イシュ・チェル

マヤ神話において、洪水・虹・出産等を司る女神だが、人間に対する破壊神としての面も持つ。
名は「虹の婦人」、「月の女神」の意味がある。
頭に蛇を置き、交叉した骨が刺繍されているスカートをはいた姿で表され、老女ととされる。
怒ると、天の水瓶を用いて地上に大雨を降らせ、さらに「空の虹」に助力して洪水を引き起こす。そのため、イシュ・チェルは「怒れる老女」とも呼ばれている。
この女神を鎮めるには、常に生け贄を捧げなければならないとされる。

 

カーリー

時間・殺戮・破壊を司るヒンドゥー教の女神。
その名は「黒き者」の意。シヴァの妻の一柱であり、血と殺戮を好む戦いの女神。
全身青みがかった黒色で3つの目と4本の腕を持ち、4本の腕の内一本には刀剣型の武器を、一本には斬り取った生首を持っている。
牙をむき出しにした口からは長い舌を垂らし、髑髏ないし生首をつないだ首飾りをつけ、切り取った手足で腰を飾った姿で表される。

 

カリアッハベーラ(Cailleach Bheara)

スコットランド高地の冬の創造女神、病の女神。野生の動物の守護者でもある。スコットランドでは、冬の女王ベイラ(en)とされている。アイルランド、スコットランド、マン島など各地の神話に登場する。

名のカリアッハ(cailleach)は老婆、鬼婆、女隠者、青い婆さんの意味。
青白い顔をした痩せた老婆の姿をしている。
10月31日のハロウィンになると、彼女は再び蘇って日差しを暗くし、草木を枯らせ、大雪を降らせたように見えるため大地を凍らせる。鹿を従え、杖を武器にして春と戦い。その杖は大地を凍らせる。

 

セクメト (Sekhmet)

エジプト神話に登場する女神。
ラーの片目から生まれ、ライオンの頭を持つ。頭頂に赤い円盤を載せており真昼の太陽の灼熱を表現している。
破壊神にして復讐者であり、王の守護神とされる。
伝染病をもたらす神とされ、「火のような息」を吹き、人間を殺してしまう病の風を吐く女神とされた。
戦いの女神でもある。

 

モリガン(Mórrígan)

ケルト神話の破壊、殺戳、戦いの勝利をもたらす戦争の女神。
予知と魔術で戦いの勝敗を支配するケルト神話の戦女神の一柱。

主に美しい女性や恐ろしい老婆の姿をしている。戦闘時には2本の矛槍を両手に持ち、背が高く膝まである灰色の長髪を備え、鎧と灰色のマントを羽織り、真っ赤なドレスを着た美しい女傑の姿をして、2頭の真っ赤なウマに牽かれた戦車に乗って戦場に出現する。黒いカラスの姿で戦場に出現することも多い。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました