スポンサーリンク
スポンサーリンク

怖いけど切ない話『兵隊さん』『猫と嫁』など 短編 全5話【2】|洒落怖名作 – 不思議な体験談

スポンサーリンク
怖いけど切ない話『兵隊さん』『猫と嫁』など 全5話【2】- 怖い話・不思議な話 - 短編まとめ 不思議な話
スポンサーリンク
カテゴリー

 

スポンサーリンク

怖いけど切ない話【2】全5話

 

バイクの音

その出来事は今春で2年が経つ。俺のマンションで仲間4人と朝まで飲んでいた。
腹が減ったということで、1人がバイクで近所のコンビニまで弁当を買い に行った。
時間にして1時間程経っただろうか、あまりにも遅いので俺は携帯に電話してみた。

すると、そいつは電話に出て(ごめんな!すぐ戻るから)と言い 電話を切られた。
しばらくするとバイクのマフラーの音がしたので俺はドアを開けて待っていた。
するとそいつは(ごめんな!用事ができて弁当買えなかったんだ)
そう言い残して足早に階段を駆け降りて行った。

不審に思った俺達は呼び止めようとベランダに出て下を見た。
しかし、バイクが見当たらない、もう1度携帯に電話してみた。
すると、そいつの奥さんが電話に出て気の無い声で(彼が・・・とりあえずK総合病院に来て頂けますか)と言われ、俺達は慌てて向かった。

病院に着くと俺は現場の状況が、すぐに理解できた。
そこには、泣き崩れた奥さんと家族の人の姿があった。
救命士の人が、状況を説明してくれた。
しかし、事故を起こした時間帯を計算すると俺のマン ションを出て間もない時間だった。
しかも事故現場が行き先と違う街道沿いだった。

なぜ、その方面へ向かっていたのか、怖いと言うより疑問と悔しい気持ちが交錯していた。
あの時にもう少し話せていたらと思うと涙が止まらなかった。
それから数日後、四十九日も過ぎた頃、いつもの仲間と俺のマンションで、いつものように飲んでいた。

夜中の3時を過ぎた頃に、バイクの音が近づきマンションの下で止まった。
間違い無くあいつのバイクの音だった。
下を見てもバイクは無かった。
一瞬背筋が凍り付いた、 しかし、仲間と顔を見合わせると・・・
みんな嬉しそうに(戻って来たんだよ、あいつ!一緒に飲んでやろうぜ)と言い、
俺は玄関のドアを半開きにしておいてやった。

少し外が明るくなりだした頃、バ イクの走り去る音が聞こえた。
俺達は涙の理由を笑話しでごまかし、その日は朝まで飲んだ。
以上が俺の不思議な体験でした。
俺達以外はみんな信じて くれませんが・・・

 

兵隊さん

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。
その人はヘルメットをかぶっていてえりあしに布がひらひらしてて、
緑色の作業服のような格好で、足にはほうたいが巻かれていた。
小学生になってわかったが、まさに兵隊の格好だった。

その兵隊さんは私が1人で遊んでいる時だけでなく、校庭で遊んでいる時や
母と買い物でスーパーに行った時、いつでも現れた。
少し離れたところで立って、私を見つめている。

自分以外には見えていないし、いつもいつの間にか消えている。
私も少しはこわがってもよさそうなものだったが、何せ物心ついた時から
そばにいるし、何よりその人から恐怖心を感じるようなことは全くなかった。
きりっとしてて優しげで、古き良き日本人の顔って感じだった。

やがて中学生になった。ある日いつもと違うことが起きた。
テストを控えた寒い日、夜遅くに私は台所でミロを作っていた。

ふと人の気配がしたので横を見ると、兵隊さんがいた。
けれどその日は手を伸ばせば触れるくらいそばにいた。
ぼけた私が思ったことは「意外と背低いんだな」くらいだった。

―それは何でしょうか?
体の中に声が響いたような感じだった。兵隊さんを見るとまじまじとミロの入った鍋を見ている。
ミロって言ってもわかんないよね・・・と思った私は「半分こしよう」と言って
ミロを半分にわけて、カップを兵隊さんに渡した。

―失礼します。
そう声が響いて、両手にカップを持ってふうふうしながら兵隊さんはゆっくり飲んでいた。
その時の兵隊さんの顔は、柔らかくてすごくうれしそうだった。
飲み終わって、また声が響いた。

―こんなにうまいものがあるんですね。
少なくて悪いかな、と思った私は「おかわりする?」と聞いたが、
兵隊さんはカップを私に手渡して、敬礼してふっと消えてしまった。

別の日に1人で家にいる時、クッキーを作っていた。
焼きあがり、冷まそうとお皿に並べていたら、人の気配がしたので窓を見ると、庭先に兵隊さんがいた。

私はおいでよ、と手招きをしたが、兵隊さんはにこっとして首を横に振った。
あれ?と思っていたら兵隊さんは敬礼して、ふわっと消えた。
ヘルメットから出てる布がふわりとしたことを覚えてる。
それきり、兵隊さんは私の前には現れなくなった。

今でも兵隊さんのことを思い出す。
美味しいものを食べた時や料理が美味しく出来た時、
兵隊さん、どこかで美味しいもの味わえているかなあと。




 

岩部のカップル

これは妹が体験した話です。
怖いというより、悲しい話です。
妹が伊豆の海へ旅行に行った時の話です。

夜、結構歩きにくい岩辺を友達と歩いていて、(浜辺ではないので足場が悪い)
花火をする場所を探していました。
で、前方にカップルが歩いていました。
会話は、なんかケンカのあとみたいなカンジで、口数は少なかったそうです。

妹は聞き耳たてて野次馬根性で会話を聞いてやろうとしました。
やっと聞こえた会話は
彼女「・・・ごめんね」
彼氏「いいよ、気にすんな」
彼女「でも・・・・・・・私のせいだし」
彼氏「いいって!お前のせいじゃないよ」
ってカンジな会話でした。

明らかに痴話ケンカのあとの会話みたいな・・・・
会話が特におもしろいものじゃなかったので
別に妹は気に求めなかったのですが、
ふと、気付くと、さっきまでいたはずのカップルは、消えていました。

足場の悪い岩場で、周りにはなにも隠れるところもありません。
転んで海に落ちたとしても音や声が聞こえるはずです。
妹は友達に「前のカップルどこいったんだろうね?」と聞いたところ、
友達は「え???前に人なんていないよ」と言ったそうです。
どうやら友達3人中見えて聞こえていたのは妹だけのようでした。

妹はとっても怖がりなので、「気のせい」と思い込むようにしました。
花火の最中も妹はさっきのカップルが頭から離れませんでした。

花火のあと、ペンションに戻り、オーナー、
他の泊まり客達とワインなどを飲みながら雑談していると
オーナーが「そーいえば、この岩辺にカップルの幽霊がでるんだ」と言ったそうです。

妹は酔いも冷めて、オーナーに「その話教えてください」
と詰め寄りました。

オーナーの話では、何年か前にその岩辺付近でダイビングをしていたグループがあり、
もぐっている最中に1人の女の子の背負っていたタンクが岩にはまっていまい、
とるのも不可能、脱ぐのも不可能な状態になってしまって、
助けを呼んでも、時間的に無理、彼女は残り少ない酸素がなくなり死を待つだけになったそうです。

その女の子の彼氏もそのグループにおり、
彼氏は、必死にその彼女を助けようとしていましたが、
どうがんばっても不可能でした。

彼氏は、助けるのは絶望的だと判断したあとに、
意を決したように、自分も一緒に彼女の傍で、
一緒に酸素がなくなるのを待って、死んでいったそうです。

それから、岩辺では、しきりに誤る女の子と、
気にするなとなだめる男の子の幽霊が、亡くなった季節の夏になると、現れるそうです。
妹は、その話を聞いた後に、大泣きしたそうです。

 

猫と嫁

八年連れ添った嫁に先立たれて早二年が経った。
最近ようやく嫁の荷物を整理し始めたのだが、思い出が詰まりすぎてて捗らない。
生前、子供に恵まれなかった為に猫を2匹飼ったのだが、この猫達は嫁が大好きだった。
寛いでいる時も寝る時も常に嫁の横から離れなかったんだ。

嫁がいなくなってからは大変だった。飯は食べない、トイレはしない、動物病院通いを余儀なくされた。
だが、ある日、2匹の猫が嫁の愛用していたソファーを見つめニャーニャーと鳴いたんだ。
そしてグルグルと喉を鳴らし始めた。
俺はその光景を黙って見ていたんだが、突然猫達の飯が入った瓶が倒れた。

平らな場所にしかも太くて高さのない瓶が風もないのに。
俺は何故だかよく分からないが飯をやらなきゃと思い、容器に飯を入れた。
そしたら、猫達は嬉しそうに飯をガツガツ食べ始めて、その日から毎日ちゃんと食べるようになったんだ。

今迄誰にも言えなかったのだが、あれは嫁が現れたんだよな?
そう信じて良いんだよな?

 

お母さん

ボケたばあちゃんに誠心誠意尽くした母が5年前に死んだ
脳溢血でまさにぽっくり

トイレから帰ってきて帰りの遅い俺のために食事の支度を始めようとして
「あれ?」って言ってそのまま倒れた
駆け寄ったときにはもう脈も意識はなく
病院でもたいした診察もされずに死亡を宣告された感じ

でも俺も奥さんもなんだか安心した
婆ちゃんがぼけ始めてもお世話になったから最後の床までずっと
面倒を見てやると言って辛いこともあったろうにずっと母親の面倒を見てたんだから
楽になれて良かったと

葬式も終わって数日ひと段落した深夜
ベットで寝ていると婆ちゃんの部屋の方から声が聞こえた
最初は小さかった声もだんだん嗚咽も混じった声がはっきりと聞こえてきた
「ごめんなさい迷惑かけてごめんなさい。出きるならもう一度この家に帰りたい。
お母さんに会いたい。お母さんお母さん…」

壊れたレコードのようにずっと言い続けてた
金縛りで動けないままボロボロ泣いたよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
不思議な話 切ない話
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました