スポンサーリンク

『一生に一度は経験する心霊や不可解な体験』全61話 – 不思議な体験談

スポンサーリンク
『一生に一度は経験する心霊や不可解な体験』 - 不思議な体験談 不思議な話
カテゴリー

 

スポンサーリンク

一生に一度は経験する心霊や不可解な体験

生きてると一度くらいは不可解な体験や心霊体験するよな

 

 

□ □ □

 

未確認飛行物体なら見た。

霊体験は一度もない。

 

□ □ □

 

飛行物体みたわ
お台場のホテルの窓から

小さくて低いピラミッド型
平たいピラミッド型というべきか
黒かった
ピラミッドの底辺目算で2mくらい

夕方薄暗くなり始めホテルの上の方の階のレストランで飯食ってた

ゆっくり回転しながら窓の20mくらい向こう横切っていった

>>俺が見たのと同じヤツかも。
俺は黒いハングライダーかと思ったんだけど、上空に停止してるわけないし。

 

□ □ □

 

仕事場で良く霊見るんだけど辛い
勝手に扉開けるのやめろビビるから

 

□ □ □

 

小学校入学前に骸骨が部屋の中に入ってきて踊っていた記憶がある夢だろうが強烈すぎて今でも忘れられん

1

 

□ □ □

 

何度かある
が、その時は大体相当疲れてたり心配ごとがあって緊張してたりするから幻覚・幻聴・勘違いだと思っている

 

□ □ □

 

カレー屋で肘から上の手だけがテーブルについてるの見た
面白いから色んな角度から見たが幽霊だとは思わんやったな
そんときも深夜残業が数週間続いて披露がピークだった

 

□ □ □

 

激しい耳鳴りとともに金縛り
とともに部屋に見知らぬ女が入ってきて気を失った思ひで

 

□ □ □

 

寝ようと思って布団に仰向けになり瞬き一回したら朝になってたこと
疲れは取れてたから寝てたんだろうけど寝起きの怠い感覚が全く無くて変な感じだった

 

□ □ □

 

ソファで寝てて足つって起きたら幽霊が立ってた事ならあった
その部屋で寝てると布団の上から猫見たいな獣が歩いてくる感覚や幽体離脱体験もしたわ

 

□ □ □

 

寝起きで腕を白い手に押さえつけられた
起きると手形がついていた

 

□ □ □

 

恐山で銀塩写真が撮れなくなった不思議。
あれだけは解せなかったよ。

 

□ □ □

 

金縛り中のあの何とも言えない不気味さはいつになっても慣れんな

 

□ □ □

 

小学生の頃、タクシーに轢かれそうになったとき、一瞬時間が止まり、とっさにタクシーの下に腹這いになって通過させやりすごしたことがあった。

 

□ □ □

 

今まで三回ほど、信号無視の車に魅かれそうになるとそのちょっと前に金縛りにあって動けなくなる→ぎりぎり前を車が通過するという体験をしました

 

□ □ □

 

夜中金縛りにあって目を覚ますとドアのところに山伏が立ってこっちを見てた事がある。

それと親父が死んだ夜中の3時に目覚まし時計が鳴った。

 

□ □ □

 

元気だった母親が病気で入院した日(俺は数日後に知った)、母親が苦しんでる夢を見た。

□ □ □

 

ギターの弦が鳴って、すごい何か不安にかられてリビングに行ったら
ハムスターが死んでた

 

□ □ □

 

3歳のクリスマスの夜に窓の外でサンタクロースの帽子が揺れてるのが見えたから見に行ったら1匹のデカいタコがサンタ帽を被ってユラユラ踊ってた
なぜか妙に納得して眠りに着いた
全く怖くはなかった

 

□ □ □

 

30も後半になるとむしろ幽霊いて欲しいわ!

 

□ □ □

 

明晰夢を知ってから金縛りの時に幽体離脱の練習したら体がフワッとした
驚いて体に戻り目が覚めたけど動悸が凄かった

 

□ □ □

 

芝のホテルで、生首の幽霊見たわ。
疲れてたかもしれん。

 

□ □ □

 

こないだ、自転車で峠道を登ってたんだが、途中で首の後ろ辺りを
生温かい空気の塊が撫でていった感触があった
大きさや形もはっきりイメージ出来るぐらい、その部分だけ周囲の空気と違ってて
太さが直径15cmぐらいで長さが50cmぐらいの蛇の様な形だった
周囲にはそんな局地的に空気が温まる様な物も見当たらなかったし、
向きも温度も周りの風とは異質な感じで通り抜けて行った
あれはどういう現象なんだ?

 

□ □ □

 

昨日、入眠時に金縛りになりそうになったから回避するために一旦起き上がってベランダで外の空気吸ってたつもりでいたら
次の瞬間金縛りが解けて自分が横になってて夢と現実ごっちゃになって混乱した
幽体離脱ってこれの事かなとかしばらく考えてたわ

 

□ □ □

 

幽霊見たことある人が羨ましい
死んだ後もなんとかなるって知ってるわけだろ

 

□ □ □

 

不思議なことは何回かあるけど、幻覚じゃないと言い切れるのは1回だけ
小学5年生の頃、夕方学校のグラウンドで友達1mくらい間隔をあけて並んで話しをしていたら
友達と俺の間を半透明な白い50cmくらいの玉が前からスッと高速で通り抜けて行った
あれ?何だ今の?と思っていると、友達が「今、ここに白ぽい玉が通ったよね?」と言ってきた。
2人同時に同じものを見ているから間違いないと思う。

 

□ □ □

 

山で遊んでたら秋田犬に「危ないから奥に来ちゃだめだよ」っておっさんの声で言われた

 

□ □ □

 

祖母が亡くなる前夜
なんだか妙にそわそわして胸騒ぎがして寝れなかった
何を見ても(タンスとか布団とか天井とか花とか)何かを訴えるような不自然な違和感があった
翌日の朝早くに祖母が亡くなったと電話があった

虫の知らせってあるんだなって思った

 

□ □ □

 

普段なら寝てる時間なのに家族が次々起きてきて
居間に集合しだして皆寝室に戻るでもなくお茶を飲んだりしてなんだろうなと話をしてたら
田舎のおばあちゃんが急死したのを知らせる電話が鳴ったとか

数ヶ月入院した時に看護師さんに夜怖くねえの?と聞いたら色々ありすぎて
もう慣れたとか言って苦笑いしてたな

 

□ □ □

 

昔、建物の間を光る何かがサインカーブのような奇跡で横切ったのを見たのが一番不可解な出来事かな
クソ田舎なので複雑な形状の建造物もなかったし、未だになんだったのか不明

 

□ □ □

 

学生の頃、夜部屋で寝てたら急に目が覚めて金縛りになった
変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら顔が沢山浮かんでこっち見てた
なんか霊とかってどんなものかよくわかってなかった私は、そのとき心の中で
「宝くじが当たりますように」
ってその顔達にお願いしてみたら
すべての顔がハァ!?って表情になって消えた

 

□ □ □

 

ベッドで寝てたら嫌な気配がしたので
「ええい、鬱陶しいっ!!」と怒鳴ったら、
目茶苦茶にベッドを揺らされたから
「ごめん、今のウソ」
て言ったら止まった。

 

□ □ □

 

金縛りは初めてなった時はビビッたけど
理屈分かってからは逆に楽しい
ああ今寝てんのか、って自覚できる

□ □ □

 

普通によく寝たなぁと思って起きたら5分しか経ってなかった

逆に夜中の3時に寝て9時に目が覚めた
外が暗いから不思議に思ったら18時間寝てた
時間の感覚は不思議な時がある

 

□ □ □

 

ミスチルのHANABIっていう曲のイントロが、子供の頃から見る夢に
よく出てきたメロディとおんなじなのは不思議だったな。
夢の曲にはストリングスが被るんだけど、これがまたミスチルよりいいんだわw

 

□ □ □

 

311の前日に、広いパソコンルームにいて目の前で次々とパソコンの電源が消えていく夢を見た
その後、暗闇の中で赤い風船が上に上がってくイメージ
あんまりにも不吉な予感がして今日脳卒中か何かで死ぬんじゃないかと思って心配していたら
あの嫌な揺れが起きた

 

□ □ □

 

ほとんどが夢だろ
俺も金縛りに遭って、黒い影が上から俺を覗き込んでて、ずっと耳の横に手をシュシュって差し出し続けてたって経験あるけど
後で考えたら半覚醒した状態の夢だわあれは

 

□ □ □

 

ガキの頃だが、夢から覚めると
外から自分の体にひゅって戻る感覚が何回もあった。
視界もそんな感じだったな。
ガキの頃は侍見かけたり、変な体験がたくさんだわ。

 

□ □ □

 

爺ちゃんが変に感が強くて
生霊見たりする人だった
ある時婆ちゃんが夢に出てきてパン粉が無いパン粉が無いと言うから次の日パン粉無いって何だべ?
と問うたんだけど婆ちゃんは意味がわからなかったらしい

でも数日前に実印無くしててどうしようか悩んでたらしい、ハンコとパン粉を夢で聞き間違えたっていうお話

 

□ □ □

 

子供の頃に押入れに籠った時、
中棚の裏の隙間を覗いたら何かと目が合った。
真っ暗なのに何かが見えるなんておかしいはずなのに・・・
あっちのせかいだよ、きっとそうさ。

 

□ □ □

 

火の玉なら一回見たことある

 

□ □ □

 

確か3年前、人生初の金縛り体験
枕元に誰か座っていて腕や脚をさーっとなで上げられる
怖くて目をつぶってたけど、そいつの顔が俺の顔に覆いかぶさってくる気配を感じて、思い切って目を開けると松村邦洋だった

 

□ □ □

 

夢の中オリジナルの病棟があるんだけど一度そこの主治医に「1ヶ月入院しなさい」と言われ入院。
夢から覚めるまでガチで1ヶ月そこで過ごした感覚に。
あれは生きた心地がしなかったね。

 

□ □ □

 

夢の中で夢から覚めたってのは2,3回だけあるわ
まだ覚えてるのは、目覚めてトイレ行きたくなってトイレ行って、筋肉緩めて出してるはずなのにベンキに一向にションベンが当たってなくて
あれ?って思ってたらなんか股間が温かくなって、ヤバイ!って起きた

□ □ □

 

真っ暗な道を車で走ってて
フロントガラスの目の前に急に人影が現れた
ぶつかったと思って降りて調べたが何も無かった

 

□ □ □

 

幼稚園入園するかどうかの時、近所の駄菓子屋に行こうとして6屯ダンプにマクロスアタック!
意識不明の重体で救急搬送も心肺停止で電気ショックされて「ジェイソンは生きていた」の如く蘇る
その間、自分は治療されてる死にかけの自分自身を手術台の上空から見ていた
今から50年ちかく前の事で臨死体験、勇退離脱とかの言葉もない時代の体験です

 

□ □ □

 

独り暮らししてた時の誕生日にアパートに帰ったらテーブルの上にプレゼント箱が置いてあった
中身は指輪だけど、どの指のサイズとも違ってた

 

□ □ □

 

殺人事件があった事故物件に住んでいる、家賃が相場の半分だから。
霊なんて見たことなかったので喜んで借りたら毎晩婆さんが現れる
一ヶ月たつがぜんぜん馴れない
霊媒師とかに頼めば除霊してくれるのだろうか?いくらくらいかかるのだろうか?

 

□ □ □

 

夢で来世を見たことがある、今と同じ家族だった
住んでる建物が近未来的だった

 

□ □ □

 

少し前この部屋で、花の匂いを一瞬感じることがあった
風引いてる時?に感じる変な匂いじゃなくて、いい匂い
一週間くらい続いたわ

調べてみたら心霊現象の一種らしい
まさか信じてないが、未だに謎

>>311のあった年に同じようなことがあった。あと同じ年の夏の夜、エアコンかけて部屋が密封状態だったのに、リビングに突然アゲハチョウが迷い込んできたこともあった。当時、地震スレに書き込んだから探せば出てくるかも。

 

□ □ □

 

夜3人で部屋にいたら(窓も締まってる)
いきなりブルーベリーのガムみたいな甘い匂いが漂ってきて
母と妹も何この匂い??
あんたなんか食べた?何も食べてないよね?ってなったから幻臭ではない

 

□ □ □

 

直後に起こる出来事を白昼夢のような感じで見たことがある

 

□ □ □

 

夜中に外からおーいって呼ぶ声がして窓から覗いたけど誰もいない
声がした方は田んぼだから夜中に人なんて通らんし酔っ払いか?って思ってたら爺ちゃん倒れたって電話が来てすごく不思議というか気持ち悪かった

 

□ □ □

 

仲間数人で肝試しやることになって、霊園の中を車でグルグル回ってたら
それまで掛けてたカセットテープが急に低速で回り出して
おっさんが話しているように聞こえてきた時はマジで焦った

 

□ □ □

 

年に数回デジャブが連発するときがあって
白昼夢みたいに一連の出来事とその結末を体験?したような感じになる
大抵結末は良くない

で、白昼夢で起きた事が映画を見てるかのようにそのまま現実に起き続ける
結果を変えたいから必死に違う事をやるとデジャブな感じが消える

 

□ □ □

 

高校生の頃
金縛り。。で首を絞められました
苦しくて暴れたら身体が回転して、手らしきものが口に
激しく噛んだら、金縛りが解けた
以後、たまに首を絞められましたが。。苦しすぎ(_ _)

 

□ □ □

 

中学生の時に三角形のUFOの三角形の編隊(20機以上)を見たことかな
それも深夜で至近距離 ちなみに母も一緒に見た

 

□ □ □

 

不可解な経験ならある
ある日一人暮らしのアパートに誰か入ってきた
確認したらカギも全部かけてあった

ついさっき、田舎に電話したら叔父が亡くなったと

 

□ □ □

 

大雨が降ってきて、窓から外を見てたら
いきなりズドーーンって前の建物に玉ねぎみたいなでかい落雷

そのあと、その建物の外の階段の
手すりに沿ってぶるぶる震える焼けた鉄みたいな玉が
転がって下に落ちていった

 

□ □ □

 

年とるとこういう体験はなくなるな。
二十歳ぐらいまではけっこうあった。

 

□ □ □

 

近所のじいさんが亡くなった時、葬儀所で未亡人になった婆さんに会ったのでお悔やみを述べた
意外と元気そうに見えた
帰宅してから気がついた
二年程前にその婆さんの葬式に行ったわ…

 

□ □ □

 

近所の家の屋根とその周辺にカラスがわんさか留まってた時があったんだが
その日そこの家のお婆さんが亡くなってた

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
不思議な話 怖い話
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました