スポンサーリンク

日本神話の神 – 強さランキング 一覧|日本の最強神まとめ

スポンサーリンク
日本神話の神 - 強さランキング 一覧|日本の最強神まとめ 神・仏
カテゴリー

 

日本の伝承・伝説などに登場する神様にはいろいろな逸話がありますが、それらを総合して一番強いあるいは一番恐ろしい神から順にランキング形式でまとめました。これらは某提示版に掲載されていたものを抜粋して紹介しています。

 

EXクラス 別天津神

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

日本神話の天地開闢において登場する神。神々の中で最初に登場する神であり、別天津神にして造化三神の一柱。

 

高皇産霊神(たかみむすびのかみ)

『古事記』では高御産巣日神(たかみむすびのかみ)の表記。

『古事記』によれば、天地開闢の時、最初に天之御中主神(あめのみなかぬし)が現れ、その次に高天原に出現したとされるのが高御産巣日神(たかみむすび)とされる。

「産霊(むすひ)」は生産・生成を意味する言葉で、神皇産霊神とともに「創造」を神格化した神。

 

神産巣日神(かみむすびのかみ)

天地開闢の時、天之御中主神(あめのみなかぬし)・高御産巣日神(たかみむすび)の次に高天原に出現し、造化の三神の一柱とされる。
「産霊」は生産・生成を意味する言葉で、高皇産霊神とともに「創造」を神格化した神。

 

宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢ)

天地開闢において現れた別天津神の1柱。
『古事記』では宇摩志阿斯訶備比古遅神、『日本書紀』では可美葦牙彦舅尊と表記する。

『古事記』では、造化三神が現れた後、まだ地上世界が水に浮かぶ脂のようで、クラゲのように混沌と漂っていたときに、葦が芽を吹くように萌え伸びるものによって成った神としている。すなわち4番目の神である。

活力やエネルギー、生命力を神格化した神。

 

天之常立神(あめのとこたちのかみ)

別天津神のうちの1柱。
天地開闢の際、別天津神五柱の最後に現れた神である。独神であり、現れてすぐに身を隠した。可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこぢ)・国之常立神(くにのとこたちのかみ)に先立って最初に登場する。

天の永久性を象徴する神とされる。

 

S クラス

建葉槌命(たけはずちのみこと)

『日本書紀』では建葉槌命(たけはずちのみこと)
『古語拾遺』では天羽槌雄神(あめのはづちのおのかみ)

天津甕星を征服、意外に強い機織りの祖神。

天羽槌雄神は建葉槌命の名で『日本書紀』に登場した倭文神で、経津主神・武甕槌命では服従しなかった星神香香背男(ほしのかがせお)を征服した神とされる。

建葉槌命が星神香香背男(天津甕星)を倒したとされている。

 

A クラス

天津甕星(あまつみかぼし)

経津主神、建御雷神でも倒せない星の神。

別名、天香香背男(あめのかがせお)。星神香香背男(ほしのかがせお)、香香背男(かがせお)。

悪しき神として語られ、特武神たる経津主神と武甕槌神でも倒せなかったという。

 

B クラス

葦原中国平定の切り札の皆さん

天之尾羽張神(あめのおはばり)

剣の神霊であり、神の名前。イザナギが所有する神剣(十束剣)で、妻イザナミが黄泉へ行く原因となったカグツチを斬り殺す時に用いられた。

「神産み」と「神殺し(子殺し)」の両面を持つ神剣として高い神格を持つ。

 

経津主神(ふつぬしのかみ)

剣を神格化された神の名前。荒らぶる神々を断ち切る刀剣の神。

高天原からの最後の使者として出雲(島根県)に派遣され、大国主命に国譲りを承知させたとされる。

 

建御雷神(たけみかづちのかみ)

 

雷神、かつ剣の神とされる。

天照大神の命を受けて出雲に降り、事代主神・建御名方神を服従させ、大国主命に国譲りをさせた。

建御名方神と並んで相撲の元祖ともされる神。

また鯰絵では、要石に住まう日本に地震を引き起こす大鯰を御するはずの存在として多くの例で描かれている。

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の主神として祀られていることから鹿島神(かしまのかみ)とも呼ばれる。

 

C クラス

素戔嗚尊(すさのおのみこと)

天照大神 (あまてらすおおみかみ) の弟で、凄まじい暴力と武勇の持ち主の神。

八岐大蛇(やまたのおろち)を退治して奇稲田(くしなだ)姫と結婚し,大己貴(おおなむち)神(大国主神)を生む。

『古事記』では建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、速須佐之男命、須佐之男命

『日本書紀』では素戔男尊、素戔嗚尊等、須佐乃袁尊

『出雲国風土記』では神須佐能袁命(かむすさのおのみこと)、須佐能乎命

神仏習合では牛頭天王などと表記する。

素戔嗚尊(すさのおのみこと)

 

八岐大蛇(やまたのおろち)

8つの頭と8本の尾を持った巨大な伝説の生物。

スサノオに退治される。

強い酒を醸し、8つの門を作り、それぞれの門に酒を満たした酒桶を置くと、8つの頭をそれぞれの酒桶に突っ込んで酒を飲み出した。ヤマタノオロチが酔って寝てしまうと、スサノオは十拳剣で切り刻んだ。このとき、尾を切ると剣の刃が欠け、尾の中から大刀が出てきた。これが「草那藝之大刀(天叢雲剣)」である。そしてこの大刀を天照御大神に献上した。

八岐大蛇(やまたのおろち)

 

八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)

国引きをした巨人神。

国引きは国を引き寄せて集めること。

八束水臣津野命(やつかみずおみつののみこと)が、「志羅紀」「北門佐岐」「北門農波」「高志」の余った土地を裂き、四度、「三身の綱」で「国」を引き寄せて「狭布の稚国」に縫い合わせ、できた土地が現在の島根半島であるという。

 

D クラス

大国主神

国津神の代表的な神で、国津神の主宰神とされる。出雲大社・大神神社の祭神。

『日本書紀』正伝によると素戔鳴尊(すさのおのみこと)の息子。日本国を創った神とされている。

因幡の白兎の話、根の国訪問の話、沼河比売への妻問いの話が『古事記』に、国作り、国譲り等の神話が『古事記』と『日本書紀』に記載されている。

 

建御名方神(たけみなかたのかみ)

古事記』では葦原中国平定(国譲り)の場面で記述されている。これによると、天照大御神・高御産巣日神(タカミムスビ)らによって派遣された建御雷神(タケミカヅチ)と天鳥船神(アメノトリフネ)が大国主神に葦原中国の国譲りを迫った際、大国主神は御子神である事代主神が答えると言った。事代主神が承諾して隠れると、大国主神は次に建御名方神(タケミナカタ)が答えると言った。

タケミナカタは千引の石(千人もの大勢の力を必要とするような巨大な岩)を手先で差し上げながら現れ、タケミカヅチに力競べを申し出た。そしてタケミカヅチの手を掴むと、タケミカヅチの手は氷や剣に変化した。タケミナカタがこれを恐れて下がると、タケミカヅチはタケミナカタの手を若葦のように握りつぶして、放り投げた。

タケミナカタは逃げ出したが、タケミカヅチがこれを追い、ついに科野国の州羽海(すわのうみ)まで追いつめてタケミナカタを殺そうとした。その時に、タケミナカタはその地から出ない旨と、大国主神・事代主神に背かない旨、葦原中国を天津神の御子に奉る旨を約束したという。

建御名方神(たけみなかたのかみ)

 

天稚彦(あめのわかひこ)

天若日子とも表記される。

大国主の娘を娶る。また自らが葦原中国を治めようと企んで8年たっても高天原に戻らなかった。

そこで天照大御神と高御産巣日神(タカミムスビ)は雉の鳴女(ナキメ)を遣して戻ってこない理由を尋ねさせた。すると、その声を聴いた天佐具売(アメノサグメ)が、不吉な鳥だから射殺すようにと天若日子に勧め、彼は遣わされた時に高皇産霊神から与えられた弓矢(天羽々矢と天之麻迦古弓)で雉を射抜いた。

その矢は高天原まで飛んで行った。その矢を手にした高皇産霊神は、「天若日子に邪心があるならばこの矢に当たるように」と誓約をして下界に落とす。すると、その矢は寝所で寝ていた天若日子の胸に刺さり、彼は死んでしまった。

 

E クラス

天穂日命(あめのほひのみこと)

葦原中国平定の任務失敗、大国主の家来になる。

出雲(いずも)氏、土師(はじ)氏らの祖先神。

 

F クラス

神武天皇(じんむてんのう)

日本の初代天皇。
『日本書紀』・『古事記』によれば天照大御神の五世孫とされる。奈良盆地一帯の指導者長髄彦らを滅ぼして一帯を征服し(神武東征)、畝傍橿原宮(現在の奈良県橿原市)に遷都して日本を建国したとされる伝承上の人物。

神武天皇(じんむてんのう)

 

倭建命(やまとたけるのみこと)

『日本書紀』では主に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」、『古事記』では主に「倭建命(やまとたけるのみこと)」と表記される。

荒ぶる神を退治する。

第12代景行天皇の皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたる。熊襲征討・東国征討を行ったとされる日本古代史上の伝説的英雄。

倭建命(やまとたけるのみこと)

 

海幸彦(うみさちひこ)

記紀の名称表記
火照命(古事記)
火闌降命(日本書紀)

古代日本において、南九州にいたとされる熊襲の平定服従を元に説く日向神話(ひむかしんわ)に登場する。

海幸彦が隼人(阿多・大隅(現在の鹿児島県本土部分)に居住したとされる人々)の阿多君の始祖であり、祖神ホデリ(火照)の末裔が、阿多・大隅(現在の鹿児島県本土部分)に居住した隼人とされる。また仙郷滞留説話・神婚説話・浦島太郎の話の元になっているとされる。

 

 

Gクラス

熊襲建兄弟(くまそたけるきょうだい)

西の国最強の兄弟、倭建命に敗れる。

記紀などに伝わる古代日本の熊曽国の土豪。古事記では熊曾建と記され、肥後国(現在の熊本県)の球磨(くま)と大隅国(現在の鹿児島県)の曾於(そお)一帯をさす熊曾(襲)の首長で、兄建(えたける)と弟建(おとたける)の兄弟ふたりをいう。日本書紀には、兄弟ではなく「熊襲魁帥」と記される。

 

H クラス

野見宿禰(のみのすくね)

天穂日命の14世の子孫、力士の始祖。垂仁天皇の命により当麻蹴速と相撲をとるために出雲国より召喚され、蹴速と互いに蹴り合った末にその腰を踏み折って勝ち、蹴速が持っていた大和国当麻の地(現奈良県葛城市當麻)を与えられるとともに、以後垂仁天皇に仕えた

【野見宿禰に関係する主な神社】

  • 野見神社(愛知県豊田市野見山町)
    土師の氏族の先祖である野見宿禰を祀っている。
  • 片埜神社(大阪府枚方市)
    社伝によれば、当麻蹴速に勝った野見宿禰が垂仁天皇から河内国を賜り、この神社を創祀したという。
  • 石津神社(大阪府堺市堺区)
    神社創建時の初代の神主。
  • 神魂神社(島根県松江市)
    伝承では、この神社の裏山にある岩を用いて修行したともいわれている。
  • 菅原天満宮(島根県松江市)
    この神社の近くに野見宿禰の墳墓がある。
  • 大野見宿禰命神社(鳥取県鳥取市)

Iクラス

当麻蹴速(たいまのけはや)

我が力は天下にかなうべき者なしと豪語。しかし野見宿禰にあばら骨を蹴り折られ、腰骨を踏み折られ絶命。蹴速の土地は没収されて勝者の野見宿禰の土地となったという。

当麻蹴速(たいまのけはや)

 

Jクラス

久延毘古(くえびこ)

古事記にみえる神の名。歩けないが、天下のことをことごとく知る神とされる。

かかしを神格化したもの、すなわち田の神、農業の神、土地の神とされる。
田の神、また、学業・知恵の神として信仰されており、久氐比古神社(石川県鹿島郡中能登町)や大神神社(奈良県桜井市)末社・久延彦神社などで祀られている。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました