スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本神話の神 – 強さランキング 一覧|日本の最強神まとめ

日本神話の神 - 強さランキング 一覧|日本の最強神まとめ 神・仏
スポンサーリンク
スポンサーリンク

天稚彦(あめのわかひこ)

天若日子とも表記される。

大国主の娘を娶る。また自らが葦原中国を治めようと企んで8年たっても高天原に戻らなかった。

そこで天照大御神と高御産巣日神(タカミムスビ)は雉の鳴女(ナキメ)を遣して戻ってこない理由を尋ねさせた。すると、その声を聴いた天佐具売(アメノサグメ)が、不吉な鳥だから射殺すようにと天若日子に勧め、彼は遣わされた時に高皇産霊神から与えられた弓矢(天羽々矢と天之麻迦古弓)で雉を射抜いた。

その矢は高天原まで飛んで行った。その矢を手にした高皇産霊神は、「天若日子に邪心があるならばこの矢に当たるように」と誓約をして下界に落とす。すると、その矢は寝所で寝ていた天若日子の胸に刺さり、彼は死んでしまった。

 

E クラス

天穂日命(あめのほひのみこと)

葦原中国平定の任務失敗、大国主の家来になる。

出雲(いずも)氏、土師(はじ)氏らの祖先神。

 

F クラス

神武天皇(じんむてんのう)

日本の初代天皇。
『日本書紀』・『古事記』によれば天照大御神の五世孫とされる。奈良盆地一帯の指導者長髄彦らを滅ぼして一帯を征服し(神武東征)、畝傍橿原宮(現在の奈良県橿原市)に遷都して日本を建国したとされる伝承上の人物。

神武天皇(じんむてんのう)

 

倭建命(やまとたけるのみこと)

『日本書紀』では主に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」、『古事記』では主に「倭建命(やまとたけるのみこと)」と表記される。

荒ぶる神を退治する。

第12代景行天皇の皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたる。熊襲征討・東国征討を行ったとされる日本古代史上の伝説的英雄。

倭建命(やまとたけるのみこと)

 

海幸彦(うみさちひこ)

記紀の名称表記
火照命(古事記)
火闌降命(日本書紀)

古代日本において、南九州にいたとされる熊襲の平定服従を元に説く日向神話(ひむかしんわ)に登場する。

海幸彦が隼人(阿多・大隅(現在の鹿児島県本土部分)に居住したとされる人々)の阿多君の始祖であり、祖神ホデリ(火照)の末裔が、阿多・大隅(現在の鹿児島県本土部分)に居住した隼人とされる。また仙郷滞留説話・神婚説話・浦島太郎の話の元になっているとされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
神・仏
カテゴリー
スポンサーリンク
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました