スポンサーリンク

【心霊・幽霊】自衛隊の怖い話 [駐屯地・隊舎編]全15話|本当にあった怖い話

スポンサーリンク
【心霊・幽霊】自衛隊の怖い話 [駐屯地・隊舎編]全15話|本当にあった怖い話 不思議な話
カテゴリー
スポンサーリンク

自衛隊の怖い話 [駐屯地・隊舎編]

 

軍歌

 

札幌月寒にあった旧軍の司令部。(去年あたりに取り壊されたらしい)。
取り壊すにもあまりにも頑丈で費用がかかりすぎ60年以上にわたって自衛隊が使用してきた。
そこで勤務中に軍歌が聞こえるとのうわさがあった自分も聞いたことがあるがはっきり軍歌とは判別できなかった。

なにかあの世から聞こえてくるようなはっきりしない、旋律でぞっとしたのを思い出す。

 

陸自で聞いた話

 

自分では体験したことがないんで、聞いた話だけ(陸自です)。

・お化けが出ると噂の倉庫に、一晩ビデオカメラを置いて放置していたら旧陸軍の兵隊が写っていた。

・どこかの基地の乾燥室で、首つって死んだ人の霊が今でも乾燥室の中を飛びまわっており、その霊が強力すぎて霊感のない人でもその乾燥室に入れば余裕で視認できる。(元空自の人から聞きました)

・北富士の演習場でUFOを見た(複数の同期から聞きました)

・教育隊の前期で、夜中寝ずに同期同士でこっそり話しをしていたら、居室の出入り口をすり抜けて、なんか丸い光の玉みたいなのが入ってきて消えた。

 

24時間警衛

 

駐屯地には24時間警衛ってのがそこに駐屯している部隊に交代で廻ってくるんだ

これはその警衛の話

警衛の仕事は、自衛隊駐屯地内に入ってくる人の身分確認をしたり
一般人に入門許可証をだしたり、時間ごとに駐屯地内を回って異常がないかチェックするんだ
弾薬庫の警備とか、各駐屯地によって違うかもしれないけど
大体こんな感じ

んで、昼間はわりと忙しいけど、課業終了後、夜はとたんに暇になる
もちろん夜も定時ごとに見回って、決められたコースをまわりチェックポイントごとに記入していく
基本一人で

駐屯地は消灯時間ってのが規則であるし、深夜はそれはもうシーンとして不気味なんだ

それでだ、これも聞いた話だから本当かどうか知らない
某駐屯地で警衛中に巡回してた隊員が消えたんだ

その駐屯地では旧帝国陸軍時代からある古い木造建築も巡回コースに入っている
その建物には常に鍵がかかっていて、開かずの間になっている部屋があるんだ
そのドアの施錠確認も、警衛の仕事だったんだ

補足としてチェックポイントには紙とボールペンがあってそこに名前と階級、見回った時間を記入する

で、巡回中の隊員がいつまでたっても戻らないとなると
当然問題になる

戻ってこないんだから他の隊員が捜索する事になる
それで他の隊員が同じ巡回コースをたどっても異常なし
だけど隊員は消えてる

自衛隊もたまに脱走する奴とかいるんだけど
この件はいろいろ不可解で、自衛隊も警察に通報したらしいんだな

警察の鑑識とかも動いてけっこう大事になったらしい

んで消えた隊員の足取りをおっているとわかった事があるんだ

それは、なぜか開かずの間に入った所までの痕跡しかなかったらしい
その開かずの間にはいる足跡と、ドアノブに消えた隊員の指紋が付いてたんだ
でも出てった痕は無い

その開かずの間ってのもよくしらんけど
ただ使わないから鍵閉めてるだけで
実際に開けても、普通の木造の部屋で何もない

でも消えた隊員は開かずの間のドアノブに指紋を残して消えて今も見つかっていない
ここでこの消えた隊員の事件は解決もせず

奇跡体験アンビリーバボーでも特集されたけどなぞのまま

 

台湾軍の招待所

 

台湾に出張したときのことだが、台湾軍には、招待所と言う直営のホテルがあり、基隆の金馬賓館で幽霊に遭遇したんだ。
佐官以上の特別室に通されたんだが、入室の際、部屋の空気に一瞬弾かれたように感じたんだ。

…で、夕食から帰ってきたときには、抵抗感はなくなっていて、ベッドに入ると酔いも手伝って直ぐに寝入ったんだ。
所が、いきなり掛け布団が重くなり、部屋が騒がしい。
目を開けると、この部屋の住人らしき家族が取り囲んで、私を非難している様なんだ。
どうやら、幽霊の家族のベッドを奪ったらしい。

意を決して
「無礼もの!私は、○○○○だ、名を名乗れ」と怒鳴ると
一瞬で退散し、今まで暗かった闇も飛んでいったんだ。
怒鳴り声は、ホテル中に聞こえたらしく…翌朝、正直な支配人は、日本語で「でましたかスミマセン」と詫びに訪れた。

 

 

監視モニター

 

数年前、現職時の警衛勤務中の話を聞いてくれ。
時間は深夜の2時半くらい、警衛所で監視モニターとにらめっこしてる時だったんだけど、
正門とは別の小さい南門(夜間は閉じてる)のカメラに妙なものが映りこんでいた。

パッと見、黒い塊。よく見ると横向きに寝たような人間の形をしていて、
まるで丸焦げの焼死体のようだった。それがちょうど門の付近に転がっていて、
警衛司令に「これ、何ですかね」とモニターを見てもらった。

警衛司令の曹長は「なんだコレ?人か?いや違う・・・?」と怪訝な目でしばらく見て、
とりあえず巡察に確認させる事になった。

すでに駐屯地内を回ってる巡察に無線で「南門に不審なものが映ってるから確認してこい」と
連絡して現場に行かせたんだけど、数分後南門に到着した巡察2名の姿がモニターに映っても、
その焼死体?なんかまるで見えてないようで、無線からも「特に何もないですね~、どこら辺ですか?」
という返事が返るばかり。

モニター越しでは明らかにソレが巡察隊員の足下にあるのに、やっぱり現場の2人には見えてない様子。
警衛所内の数人とも「モニターの故障か、レンズの汚れか何かじゃないか?」という話も出ていたが、
不気味なのは巡察隊員の足下とその物体が重なった時、
ちゃんとその物体が「踏まれた」ように重なって映るんだよ。
カメラやレンズの問題だったら決してそんな風には映らないはずなのに。

いよいよ全員気味悪くなって、その場にいる中で一番下っ端だった俺も
現場へ行って直に確認してくることになった。
現場の巡察とも合流して、例の物体のあるところを懐中電灯で照らしたんだけど本当に何も無い。
現場に何も無い以上、こちらとしては対処のしようが無いのでひとまず警衛所へ戻って、
通常の警衛勤務態勢に戻った。もちろん南門モニターは特に注意して監視ってことで。

それからしばらく、30分くらい引き続きモニター監視してたんだけど、
カメラを一瞬別の方向に動かしてまた例の画面に戻したらすっかり消えていた。

結局あれは何だったんだろうと話している内に朝になって、
上番警衛に申し送って下番するぞという時に、例の南門のすぐ隣りにある
民家で火災が起きて一人暮らしだった50代の女の人が焼死したと、地元の新聞に小さく載った。

 

臨時勤務中に

 

これは、何年か前、当時所属していた中隊の先輩から聞いた話。
間もなく昭和の時代も終わろうとする夏。
先輩は、輸送班に臨時勤務中で、休日の広報業務支援のため、土曜の夜に一人で営内で残留していたそうな。
翌日は早朝からの運転業務のため、酒も飲まず早い時間からベッドに入っていた。
しかしそうそう早く眠れるはずも無く、もやもやと時間ばかりが過ぎていった。
ふと気が付くと、部屋の片隅にゆらゆらと揺らぐ空間がある。
何だ?と目を凝らすと次第に揺らぎは消え、跡には女の姿があった。
クリーム色に青と緑の格子柄のパフスリーブのワンピースに、つば広の麦藁帽子をかぶった若い女。
不思議と、先輩は「なぜ女が?」とは思わなかったという。
やがて女は次第に先輩のベッドに近づいていった。
近づくほどに腰をかがめながら。
「最後にはほとんど四つん這いだったな。ほら、貞子みたいに」
それでも、なぜか女の顔だけは霞んだ様にはっきりとは見えない。
やがて、女はベッドの縁に手を掛け、覗き込むように顔を近づけたという。
「その瞬間までは、不思議と恐怖感は無かったんだ。これっぽっちも」
しかし、突然に女の顔がはっきりと見え始めた、様な気がした。
「見ちゃダメだ。そう思ったよ」
先輩は、全力で半身を起こし、左の拳で女の顔のあたりを薙いだそうだ。
ぐしゃり、というなんとも言い様の無い感触を最後に先輩の意識は途切れたという。
翌朝、目を覚ました先輩に残されたのは、尋常でない寝汗で濡れたベッドと、左拳全体の青痣。
「まあな、寝ぼけて暴れてどっか殴ったのかもな。でも、痣の酷さのわりに全然痛くなかったし」
「今思うと、あの女、なんだか悲しそうな、寂しそうな、そんな感じもしたなあ…」
「話、聞いてやっても良かったのかな?」
「殴ったりして、悪かったのかな?」
「でも、そうしてたら、俺、どうなってたろう?」
「なあ…お前なら、どうしてた?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

滝ヶ原廠舎

 

階段を最後尾で降りていた同期が派手につまづいた。
「大丈夫か?」
と聞いたら、同期は
「後ろから押されたような気がする」
…と。

何ヶ月か前にも、別の中隊の同期がやはり滝ヶ原の階段で転んで大けがをしている。

やっぱりあそこもなにかあるんだろうか…?

 

 

学生館

 

昔の学生館の話だが、海側の部屋はよく出た
目撃者の悲鳴で、夜中にたたき起こされたことがある

包帯ぐるぐる巻きの、日本兵?が、集団で
匍匐前進しているのを、見てしまったらしい

 

北海道陸上自衛隊駐屯地

 

北海道の陸上自衛隊駐屯地で深夜の哨戒勤務をする人が遭遇するのは、謎の行進音で雪がシャンシャンと降る中ザッザッと数十人の行進音が聞こえるそうです。

この怪奇現象は、アッツ玉砕の日本兵が帰還したとの話でコレに遭遇した時に哨戒は目を閉じて捧げ銃をしないと謎の高熱を出し寝込むとの話がありました。

 

 

海上自衛隊下総航空基地

 

20年ぐらいの前の話なんだけど、その当時オレは自衛隊生徒で自衛隊観閲式の為来ていた。
泊まった所は外来宿舎と言われる10棟くらいあるぼろい二階建ての建物のうちの一つ。
3人部屋で2段ベッドと1人用ベッドがひとつづつ。備え付けの木製ロッカーなんかは落書きでいっぱいだし、
いわく付と言うことで使われてない部屋なんかがあって、とにかく気持ち悪いとこだった。
そんなトコにオレともうひとり、2人で泊まることになった。

あるとき予行演習で制服に着替えてると、2、3人の古いオッサン海曹連中がドカドカとやって来た。
「おーっ!ココだよ」なんて言ってる。 部屋で着替えてるオレたちを見てびっくりした様子で、
「お前らここで寝泊りしてるのか?」
「そうですけど何か?」
「知らないのか?昔この部屋で自殺があって、この部屋ずっと閉鎖されてたんだぞ。おかしいなぁ・・・。」
そのうちの一人が扉を見ながら 「ほら後残ってるだろ」 たしかに板張りして釘うたれてた跡。
「ふざけんなよ~」と思いながらふと思い出す。ロッカーの落書き。
でっかく首吊りしてる似顔絵の絵。その下に名前と昭和5○年○月○日。
それを見せると、「そうそうこいつだよ。お前らこんなトコで寝て何もねーのか?」
するとオレの相棒は
「この間寝てたら毛布がずり落ちて目が覚めて、引っ張ったら引っ張り返された・・・・。」
俺かと思ったらしいけど、そのときはオレは違う部屋に行ってて部屋には一人だった。
怖くなってその日以来その部屋では寝なかったよ。

相棒は無神経で一人部屋だって喜んでたけど、ひとりじゃないってことに気づいてなかったようだ。

 

 

大勢が霊

 

横教の隊舎のなかに一室変な部屋がある
基本完全に閉鎖されていて、中に入るとカーテンを閉じきってある埃まみれの部屋
ベタだが四隅に盛り塩、なんらかの札が適当に張られまくってるらしい
そこはどんなときも閉じたまんまだが、風邪っぴきとかを隔離するとき他に部屋がなかったとき仕方なく使う
俺は見なかったが、大勢が霊ちゃんみたとか言ってた

 

 

バンザイ

 

昭和天皇が亡くなったとき、理科系の学部の男の子が卒業研究をやっていて実験で遅くなって、夜中に学食の前を通ったら
学食がざわざわして騒がしいので変だと思ってのぞいたら昔の軍人たちが集まってバンザイをしていたという話

 

隊舎のシャワー室

 

新隊員教育隊の隊舎にでるとかいう幽霊の話し。

なんか昔教凄く走るの好きな子が入隊してきて、その子は時間があれば走ってたんだって。

で、その日もいつものように稼業後走って、帰ってきてからシャワーを浴びたんだけど、急に冷たい水を浴びて心臓がとまっちゃったんだって。

それで彼はそのまま死んじゃったんだけど、どうもそれ以来、その隊舎のシャワー室では誰もいないはずなのに水が出てたり、あと夜中誰もいないはずなのにひたひた廊下を歩く音が聞こえたり、部屋の出入り口のすりガラスのドアに、人影がうつってたから誰かいるのかと思ってドアを開けてみたけど誰もいなかったり、

なんてことが起きるようになったそうな。

 

 

駐屯地の女子隊舎

某湖畔の駐屯地の女子隊舎、出るんだってね。
自分は関東出身で中部の教育隊には行った事ないし結婚と同時に辞めて、転勤する旦那にひっついてきて今のところで働いているので、行く事はないんだけど、予備自補になった今の同僚がその駐屯地に行って来た。

「夜中にトイレ方向から話声とか笑い声がする! 髪の長い女が出て話しかけてきて寝れなかった! なんで教えてくれなかったのよ~塩もって行かなかった。もう一回行かなきゃいけないのに、どうすりゃいいのよ」って泣かれた。

そんな事言われても、あそこに行った事ないし、私は見えない人なんだもん。
隊舎に塩盛って良かったっけ?って旦那に聞いたら、「駄目にきまってるだろ」って言われた。そういう時はどうするんですかね?
助教や班長に相談?

 

 

俺が自衛隊にいた時に聞いた怖い話

 

幽霊とか信じてない某三曹が、そういう事もあるかもしれないと考えさせられた話だそうだ

自衛隊では自衛隊で必要なの資格を得る為に色んなところから集まって集中的に勉強、訓練する教育隊がある
合宿免許みたいものだね、例としてレンジャー資格とかね
それで某教育隊に行った人の話

そこで情報交換もかねてみんなで話ししていたんだけど
とある一曹の人だけがあまり話しに入ってこなかったんだ
訓練はそつなくこなすけど、課業外では寡黙な人だったんだ
娯楽室には入らず、いつもタコ部屋で寝転がってる感じだった

その某3曹はいつも寡黙で一人でいる一曹に言ったんだ
「○○一曹も娯楽室にきませんか、話も聞きたいし」って
そしたら一曹は難しい顔して、「お前ら何もわからんか?」って言ったんだ
三曹は、何がですか?って聞き返したんだ
はっきりいって一曹は教育隊の中で浮いていたんだ
自衛隊って体育会系だし、団結を大切にする所があるし
でも階級は上だから下手な事いえないからね

でも一曹は行こうとしなかったんだ
その3曹はちょっとおせっかいって言うか和を乱すなって気持ちもあって1曹を誘い続けたんだ
そしたらその一曹がため息をついて3曹に言ったんだ、「誰にも言うなよ」って

一曹「Aがいるだろ」このAも階級が3曹なんで面倒だから以後A
3曹「いますけど・・・Aが嫌いなんですか?」
一曹「・・・俺なあ、あんまりこういうの言いたくないんだけど見えるんだよ・・・」
3曹「何がですか?」
一「Aにな・・・後ろから看護婦が抱きついてるんだよ・・・」
3曹「・・・は?・・・看護婦・・・ですか?」

一曹「そう、前に娯楽室に行った時その看護婦がAに抱きつきながら幸せそうにしてるんだよ・・・」
3曹「えっ、マジですか?」(半笑い)
一曹「ああ、だから気味が悪くてな・・・だから娯楽室は簡便してくれ・・・」
3曹「そうだったんですか、わかりました」
一曹「・・・お前信じてねーだろ」
3曹「いや、そんな事ないですよ」
一曹「・・・ま、いいわ。こんな事Aには絶対言うなよ」
3曹「はい・・・」

だけど娯楽室に戻った3曹は言っちゃったんだよ
3曹「おいA!お前に看護婦が取り付いてるらしいぞwwwwwww」
A「えっ!?なんなんですかいきなり」
他の隊員も食いついてきた
「なんだよいきなり
「おい、どうした」

ここで3曹は一曹との話をみんなにしたんだ、もちろんみんな本気にしていない
「やったなA」
「モテモテじゃないかうらやましいなwwwww」
なんてみんなで笑いの種にして話てたんだ

ちなみにその隊舎が建つ前はそこには病院があった
病棟を壊して、その上に隊舎を建てたんで、それ系の怪談話も色々あったんだ
本気じゃないとはいえみんなにからわれてAもあんまりいい気分じゃなかった

A「そういうのやめてくださいよ!!気持ち悪いなあ!!!」

みんな「「「はははははwwwwwwwww」」」

そしたら急に娯楽室の戸がものすごい勢いであけられたんだ

バーーーーーーン!!!!

みんなびっくりして開けられたドアを見たらそこには
血相を変えた一曹が息をきらしながら立ってた

みんなポカーンとしていた

一曹「3曹!!!お前喋っただろ!!!!」

3曹「あ、すいませんつい面白いかなと思って・・・でも別にいいじゃないですかw」

一曹「これを見ろ!!!」

そう叫びながら一曹は着ていたTシャツを脱いでそこにいたみんなに背中を見せた
一曹の背中一面にものすごい蚯蚓腫れのようなあとで

お 前 の せ い だ

と浮き上がっていた
こんな話をその3曹から俺は野営中に聞かされましたとさ

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
不思議な話 怖い話
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました