スポンサーリンク

『駅』にまつわる怖い話『ひつか駅』など短編5話

スポンサーリンク
『駅』にまつわる怖い話『ひつか駅』など短編5話 不思議な話
カテゴリー

奇妙な駅に着いてしまった異世界系の不思議な体験談集です。2chなどに書き込まれた内容を読みやすくまとめました。

 

スポンサーリンク

前後駅~新安城駅

75 :本当にあった怖い名無し:2012/08/25(土) 06:25:09.06 ID:PUQdzUBj0

 

時空の歪みなのかわからないですが、昨日体験したこと書かせてもらいます。

今月末に会社を辞めるもんで、職場の仲のいい先輩と珈琲屋に行って、
「ホント今までお世話になりました」とか、「実家の方に遊びに行くよ」なんて、
他愛ない話しながら2時間ぐらい喋ってたんだ。
店を出てから、そんなに遅い時間じゃなかったけど、
家まで送ってもらうのは気が引けたんで、最寄の駅(A駅とします)まで送ってもらった。
昔通勤に使ってた駅だったんで、切符買ってから昔と同じようにホームにいって、
時刻表みながら「あぁ、後4~5分で急行来るな」とか思いつつ、
電光掲示板(でいいのかな?)でも停車駅一応確認しながら電車に乗った。
急行だと2駅で自宅の最寄駅につく(10分ぐらい)んだけど、20分ぐらい経ってもどこにも停まらない。
他の乗客は特に慌てた様子もなかったから、どっかで事故でもあって電車遅れてるだけだろう、とか思ってた。
ipodで音楽聴いてたからアナウンス聞き逃しただけだろう、と思ってたしね。

そっから10分ぐらいして聞いたこともない駅に停車して、私ともう一人の高校生ぐらいの女の子以外皆その駅で降りてった。
駅名はきちんと聞き取れなかったけど、
乗り間違えてもそんな変な場所につくような路線じゃなかったので、「え!?どこだよここ…」ってなった。
チラっともう一人残ってた女の子みたら、その子もキョロキョロしながら焦ってるようで、
不安になってきたらドア閉まって、また電車が走り出した。

 

さすがに音楽聞くのやめて車内アナウンス聞いてたら、
『この電車は××方面行き急行です。次はA駅~』というアナウンスが流れてきた。
いつの間にか逆方面の進行方向になっててびっくりして面くらいながら、また30分ぐらい揺られながらA駅に戻ってきた。

A駅の近くには回送するような駅もないし環状線でもない。
乗る前に電光掲示板で確認した停車駅はいつも通りだったし、
アルコールの類は元々全く飲めないので一切取ってないしで、何がなんだか…
A駅に着くまでに不安だったんで、乗り合わせてた女の子に話かけてみたけど、
その子も「いつも学校の行き帰りで乗ってるけど、こんな(走り方する)電車ない」とか、
「あんな停車駅無いし知らない」と気味悪がってました。

家に帰ってから路線図見たけど、それらしき駅はやっぱりなかったんで、一時電車ごとどこかに迷い込んだのか…
降りたらどうなるのかってのは興味あるけど、怖くもあったんで降りなくて正解だったんだろうなぁ…

差し支えなければ、どこの路線?

名鉄名古屋本線です。A駅がどこかは…さすがに身バレしそうなんで勘弁w

停まった駅は「かむ」なんちゃらか「かん」なんちゃらでした。
電車特有のアナウンスで聞き取りづらかったのと、駅に停まってる時は座ってる位置から駅名見えなかったので、
確認できなかったです。

結局10分足らずで着くはずのところを小一時間乗っていた事になるみたいだが…
謎の駅でお前さんと女の子以外は降りというが、完全に2人だけになったのかな?
またそこから30分も乗る事になるが、もっと女の子と話しはしなかったの?
降りた人達や車内の雰囲気(例えば実在する人間ぽくないとか)、外の景色とかに異様な感じはしなかっただろうか。

少なくとも私がいた車両は2人だけでした。
隣の車両は見に行ってないのでわからないですが、ドア越しで見える位置にはいなかったように思います。
車内の雰囲気自体は普通でしたし、A駅発車時は人もそこそこ乗っていました。(20人ぐらいと思う)
パっと見たところ携帯いじってる人いなかったのに感心したぐらいかな。

女の子とは差し障りない会話しかしなかったですね。
「この電車って○○方面だと思いましたが、△駅には停まりますか?」とかそんな感じで。

後は…ついた謎の駅は、結構近代的な感じの駅でした。
イメージ的には、空港とかに併設してる屋内っぽい(?)明るい感じの駅です。上手いこと表現しづらいですが。

降りたらどうなってたんでしょうかね…引越し準備やらがあったもんで家帰れるのかな、って心配のが正直大きかったです。

さざくっと言ってしまうと、A駅:前後駅 目的地:新安城駅です。(名鉄名古屋本線)

 

 

藤迫駅

239 :本当にあった怖い名無し:2014/10/12(日) 10:57:30.73 ID:evOJUzQQs

 

俺、いつも東西線を利用してて、その日は17時少し前に中野行きに乗ったんだ。
乗った車両は座席がほとんど埋まってるくらいには人がいて、俺は扉のすぐ横に座ってた。
で、俺は電車に乗ったらいつもipodで音楽聞くんだが、
西葛西を過ぎてどっかの川を渡り、ちょうど団地とか小学校?が見えてきたあたりで、
突然ブツッ!って音がして曲が聞こえなくなった。
アレ?と思ってipodの画面を見たら特に異常なし。
イヤホンが壊れたかなと思って下を向いてイヤホンを接続しなおしてたら、視界の隅で地上駅っぽい景色が見えた。
ふと顔をあげたら、行徳とか原木中山と同じような構造、景色の地上駅を通り過ぎようとする所だった。
確かにさっき西葛西を出て「次は南砂町~」ってアナウンスが流れたのを覚えてるし、
大体その駅間に地上駅なんか無いはず。
その駅の雰囲気は本当に普通。
ホームには人が結構いて、駅の外の景色は屋根とか壁でよく見えないけど、
線路近くのビルの高さから見るに、周辺の町は葛西に近い感じ。
今考えてもきさらぎ駅で言われてたような雰囲気は全くない。
何が起こってるのかわからなくてしばらくポカンとしてたんだが、通り過ぎてる途中でハッとして駅名を探した。
『藤迫』って駅だった。プレート見たら『←西葛西 藤迫 南砂町→』と書いてあった。
写真を撮ればよかったんだけど、藤迫って何処だ…!?とか軽くパニックになってる間に通過してしまった。

で、ここからが説明できないんだけど、
目をこすったり時間を確認したりしてたら、
いつのまにかさっき書いた小学校とか何かの倉庫か工場みたいなのが見える、いつもの景色に戻っていた。
地下鉄に入ったあとはいつも通り。
藤迫って駅を通過してる時の周囲の乗客の様子は、
訝しげに外を見てる人も少数いたけど、ほとんどが気にしてない(気付いてない?)感じでした。

写真無いから信じてもらえないと思うけど、確かに『藤迫』って駅を見たんです。

 

 

ひつか駅

78 :本当にあった怖い名無し:2012/01/09(月) 12:56:09.38 ID:RaLFMpPb0

 

俺が昨日体験したことなんだが。

昨日は剣道教室の鏡開きがあって、西○S線の終点H駅に行ったんだ。
まぁここまでは何も問題なく、稽古して餅食って午後2時くらいにお開きになった。
ここからが問題だった。
自宅がS駅ってとこで、終点からS駅まで結構時間かかるんだわ。
小学生相手したり稽古したり餅ついたりしたから、当然耐えられず寝てしまった。

不意に目が覚めたら、高校時代からこの線を使ってるのに聞いたこともない駅に電車が止まってた。
しかも普段混雑まではいかないものの、結構結構人は乗ってるはずなのに誰も乗っていない。
駅表示を見ると、駅名のところには「ひつか駅」と書かれてた。
あれ、これ異次元駅じゃね?と前にきさらぎ駅とか見た俺は興味本位で降りてみた。

なんていうか、もう駅が真っ白なの。いや、あれは駅だけが真っ白なんじゃなくてあそこの世界が白かったんだと思う。
本当に色がなかった。
唯一あったのは駅名の黒い字だけ。
降りて3分後くらいかな?電車が急に行っちまった。

もしかして取り残された?帰れないんじゃね?なんて急に恐怖心が湧き出てきた。
だって普段どの駅からも見えるはずの外の景色が無いし(真っ白で)、改札への階段も無い。そして誰もいない。

やべえよ…俺このままここで死ぬのかな…降りなきゃよかった。
なんてホームの椅子で頭抱えて途方に暮れてたら、突然訛った喋り方で話しかけられた。
「あんちゃんなずした?」
見ると、5~6歳の性別がどっちか分からない着物を着た可愛らしいおかっぱの子が居た。
人を見つけた安心から、今までの経緯を泣きながら話すと色々教えてくれた。

  • 本来ならばここは絶対に入ることが許されない場所
  • あのまま電車に乗っていた方が危なかった。ここで降りてよかった。
  • 死の一歩手前。
  • この駅の次にもう一つ駅がある。
  • 自分は俺の味方だと。

全部話し終わった後、
「あんちゃんまだ全然運を使ってね。それで帰してやる。
でも次はねと思え。わたすの力じゃ一回が限界だ。次送られたら、烏~~(聞き取れなかった)様に頼れ。
あとそれ貰うど」
と言われ、気がつけば電車に揺られS駅の2、3駅前に居た。

あれは絶対に夢ではなかった。
気がついたとき目を開ける感覚じゃなかったし、何せずっと被ってた俺のニット帽がなくなっていた。
貰うってこれだったのか?

でも、似たような経験してる人が居るみたいだから、何か手掛かりになればと思って書いた。
まぁ無事に帰ってこれた今となってはいい経験になったのか?
もう当分電車で寝ることはないだろうけど。

意識がずっと覚醒してたかは俺でも分からん。

移り変わりの瞬間も分からない。
本当にあれこそ無の状態か光速だったんだと思う。
気がつけばただ単に座席に座っていた。

目を開けたままボーっとしてて、ここどこだ?という具合。
意識がハッキリするまでは、ぼんやりとただ何も考えていなかった。
例えるなら、立ちくらみのような感覚でぼんやりしていた。

戻ったのは同じ車両の同じ座ってた席。
隣の人は駅でた時とは違ってた。
びっくりとかしてなかったから多分急に出てきたりはしてないと思う。

俺も駅名だとか何かを解明しようだとかは思ってない。
ただこんなことがあったと誰かに聞いて欲しかった。
怖いんだよ。

 

 

新長崎駅

99 :名無しさん :2014/03/31(月)17:07:15 ID:1PgTD4XJJ

 

8~10年前(学生時代)に大坂で新長崎駅って終点で降りたことあるんだけど、調べても大坂にそんな名前の駅ないんだよね。
下車して病院探したけど、目的の病院が見つからなかったんだよ。

きさらぎ駅の話読んで新長崎駅思い出したけど、合理的じゃない点が多々あるんだよね。
1、なぜ学校の近くや自宅の近くで病院を探さなかったのか。
2、探してる時間が明らかに夜だった、なぜ昼探さなかったのか。(夕方以降みんな閉まってるだろうに)
3、「大坂なのに長崎ってかわってるな」とか思ってたけど、
そもそも何でその駅に行ったのか、どうやって行ったのか記憶がない。
4、新長崎駅近くの病院をインターネッツで探した記憶がない。
(どこか行く場合はいつもインターネッツで探してから行ってた)
でも病院を探すためにそこで降りた記憶がある。

駅は壁の一部が薄いピンクや薄い黄色に塗られてて、人も結構居たよ。
昔は大坂にも終点に新長崎って駅あったの?車止めある駅って終点なんだよね?
存在してるんなら全て解決するんだよ、誰か助けてピスタチオ

もし存在してないなら異世界に行ったか、明晰夢でも見てたんだろう。
異世界がこの世界とほとんど変わらなかったら行き損だよね。
みんな異世界に夢見て行くんだから、もっと変わったところ見せてほしいよね(´・ω・`)

 

次の駅『かたす』

65 :本当にあった怖い名無し:2011/03/23(水) 22:53:57.30 ID:iUL2aoTT0

 

怖い話ではないけど、不思議な話です。

皆さん、きさらぎ駅って言う駅を知ってますか?
何年か前に、2chで有名になった怖い話だそうで、はすみさんという方がその実在しない駅に迷いこんでしまって、結局行方知れずになってしまったとか。
インターネット上でも、検索すれば出てくるようです。

それで僕の話なんですが、今から5~6年くらい前ですかね。
2005年の暮れのころ、福岡から久留米に電車で向かってたんです。
道中暇だったんで、ずっと本を読んでたんですね。ペーパーバックの。
で、気付いたら回りのお客さんがみんな眠ってて、すごい不自然な感じだったんですよ。肌で感じる奇妙さみたいな。
そこで窓の外を見たら、ちょうど電車が古い鉄橋を渡るところだったんですね。
その後陸橋が見えて、その下をくぐったあと、駅に着いたんです。
普段その路線使うことがないのであまり覚えてないんですが、そんな風景は見たことがなかったんですよ。

駅に到着したんですが、なんかホームが二つあって、その奥に古い日本建築の駅舎が見えてて、
ホームの柱にひらがなで『きさらぎ』と書いたプレートがありました。
雨が降ってて、ホームの一部にしか屋根がないので傘を持った人が結構いましたが、
不思議と誰も乗り込んできませんでした。
少し遠くに駅名が書いた大きな立て札があって、そこにはひらがなで『きさらぎ』と書いてあるほかに、
一つ前の駅『やみ』と、一つ後の駅『かたす』という駅名が、ひらがなで書いてあるのが見えました。

普通だったら、電車間違えたとかパニックになるのかもしれませんが、
なんとなく不思議な感じがして、降りてみたいなと思いました。
しかし、久留米で人に迎えに来てもらう約束だったので、降りたりする時間はなく、
ぼんやり窓の外を眺めていると、電車が発車しました。

結局、次の駅『かたす』というところにも着かず、長い時間走ったあと、電車は久留米に着きました。
周りの人ももう起きていました。
途中、止まるはずだった駅をいくつも飛ばしたような気がするんですが、そこら辺はよく覚えていません。

おそらく、本を読みながらウトウトして、久留米の前くらいまで浅い眠りに入っていたなかで見た夢だろう、
ということで納得したんですが、
最近、きさらぎ駅の話をインターネットで見つけびっくりしています。
はすみさんという方の話と違い、トンネルも抜けていないし、ホームや駅舎に人がいて、周りには住宅もありました。
そもそも九州なので、東海地方からは程遠いです。
それでも駅の名前は『きさらぎ』だったのをはっきり覚えています。
何かオカルト的な意味のある駅名なんでしょうか?この世とあの世の接点とか?
その駅で降りていたらどうなっていたかと思うと、とても恐ろしいです。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
不思議な話 怖い話 時空・異世界
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました