スポンサーリンク

【火神】日本と世界の『火を司る神』 一覧

スポンサーリンク
【火神】日本と世界の『火の神様』 一覧 神・仏
カテゴリー

 

火神(かじん)は、神話で火や炎を司る神のことです。日本と世界の神話に登場する火の神様を一覧で紹介します。

 

スポンサーリンク

日本の火の神様

 

男神

 

  • 迦具土神(かぐつちのかみ)
    別称:火産霊神(ほむすびのかみ)、火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)
  • 三宝荒神(さんぼうこうじん)
    民間で、かまどの神。また、防火・農業の神。仏・法・僧の三宝を守護し、不浄を忌み、火を好む神。三面六臂(ろっぴ)で、怒りの形相を示す。
  • 竈神(かまどがみ)
    かまどの神,またはかまどに祀られる神。
    かまどを守護する神。奥津日子命(おくつひこのみこと)と奥津比売命(おくつひめのみこと)の二神。
  • 奥津日子命(おくつひこのみこと)
    竈(カマド)を司る神。防火、家族・家畜守護、招福のご利益があると言われる。
  • 天目一箇命(あめのまひとつのみこと)
    鉄・鍛冶の神、火の神。
    金属工業・農業・漁業・眼病守護のご利益がある。
  • 甕速日神(みかはやひのかみ)
    雷、または雷によっておこる火を象徴する神。

 

女神

 

  • 奥津比売命(おくつひめのみこと)
    竈(カマド)を司る神。防火、家族・家畜守護、招福のご利益があると言われる。
  • 木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)
    富士山に祀られる安産の神、火の神。安産のご利益がある。
    『古事記』では本名を神阿多都比売(かむあたつひめ)、別名を木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)、『日本書紀』では本名を神吾田津姫(かみあたつひめ)、神吾田鹿葦津姫(かむあたかあしつひめ)、別名を木花開耶姫(このはなのさくやびめ)

世界の火の神様

 

男神

 

  • ミシュコアトル (Mixcoatl)
    アステカ神話
    弓ぎりの発明者であり、はじめて火打石を使い、人類に火をもたらしたとされる。 
  • アドラヌス
    アステカ神話
    シチリア の島の古代の人口である シケル人 によって崇拝された火の神
  • シウテクトリ (Xiuhtecuhtli)
    アステカ神話
  • イシュム (Ishum)
    アッカド神話
  • ヴェルブティ (Verbti)
    アルバニア神話
  • アグニ (Agni)
    インド神話
    赤色の体に炎の衣を纏い、二面二臂で七枚の舌を持つ。
  • マタリスヴァン (Mātariśvan)
    インド神話
    半神。 人間に火をもたらしたとされる。
  • タテワリ (Tatewari)
    ウイチョル族
    シャーマンの火の神
  • セスランス (Sethlans)
    エトルリア神話
    火と鍛冶の神。
  • カークス (Cacus)
    ギリシア神話
    火神ウゥルカーヌスの息子。3つの頭を持ち、炎を吐く。
  • ヘーパイストス (Hephaestus)
    ギリシア神話
    炎と鍛冶の神。
    オリュンポス十二神の一柱。キュクロープスらを従え、自分の工房で様々な武器や道具、宝を作っているという。
  • プロメーテウス (Prometheus)
    ギリシア神話
    天界の火を盗んで人類に与えた存在として知られる。火の神にして人間の守護神。
  • ギビル (Gibil)
    シュメール神話
    幅広い知恵を持つ火と鍛冶の神。
  • スヴァローグ (Prometheus)
    スラヴ神話
    太陽神であり、火の精霊または神。名は「輝き清い」という意味。
  • アシャ・ワヒシュタ (Aša Vahišta)
    ゾロアスター教
    火の守護神。名はアヴェスター語で「最善なる天則」。
  • アータル (Atar)
    ゾロアスター教
    人間に知恵と安寧をもたらし、世界を邪悪から守護する火の神。
  • アラズ (Alaz)
    テュルク神話の火の神。
  • ゲディ (Gedi)
    フィジー神話
    火を使うことを人類に教えた火と出産の神。
  • オグン (Ogun)
    ブードゥー教
    火と鉄と戦いの神。
  • フラカン (Huracan)
    マヤ神話
    風、嵐、火などを司る創造神。
  • トヒル (Tohil)
    マヤ神話
  • ゲルラ (Gerra)
    メソポタミア神話
    莫大な知恵と技能をもつ火と鍛冶の神。
  • ヌスク (Nusku)
    メソポタミア神話
    天と地の火と光の神。冥界神とされることもある。
  • アルシ・テングリ (Arshi Tengri)
    モンゴル神話
  • ウゥルカーヌス (Vulcānus)
    ローマ神話
    火と鍛冶の神。英語読みではヴァルカン(Vulcan)。
  • ダジボーグ
    スラブ神話
    空に乗る太陽の火の再生神
  • クルースニク
    スラブ神話
    スロベニアの英雄となった黄金の火の神
  • スヴァローグ
    スラブ神話
    火、鍛冶、太陽の神であり創造者。
  • スヴァロギッチ
    スラブ神話
    地上の火の神。
  • 竈神 (Zao Shen)
    中国神話
    囲炉裏・台所などの火を使う場所に祀られる神。農業や家畜、家族を守る守護神。
  • 祝融 (Zhurong)
    中国神話
    炎帝の子孫とされ、火を司る神。
  • ロギ (Logi)
    北欧神話
    北欧神話に登場する巨人で火の支配者。
  • ロキ (Loki)
    北欧神話
    悪戯好きの神。名は「閉ざす者」、「終わらせる者」の意味。
    元は火を神格化した存在だったと考えられている。

 

 

女神

 

  • アペフチ (Abefuchi)
    アイヌ神話
    「アペ」とは火を、「フチ」は老婆を意味する。
    老女の姿をした火の神で、囲炉裏の中に住まい、6枚の衣を身に纏い、手には黄金の杖を持っているとされる。
  • チャンティコ (Chantico)
    アステカ神話
    炉と火山の女神。
  • ナントスエルタ (Nantosuelta)
    ガリア神話
    勝利と火の女神。
  • カカ (Caca)
    ギリシア神話
    火を吐く能力を有する火の女神。
  • ヘスティアー (Hestia)
    ギリシア神話
    炉の女神。家庭生活の守護神として崇められた。
  • ウェスタ (Vesta)
    ギリシア神話
    竈(かまど)の神、かまどは家々に必ずあることから家庭や結婚の守護神。
  • ベリサマ(Belisama)
    ケルト神話
    湖、川、炎や工芸品を司る女神。火をあつかう諸業を司る巫女の様な存在であった。名前は「夏の輝き」という意味。
  • ブリギッド (Brigid)
    ケルト神話
    火、金属細工、豊穣、家畜、作物の実り、そして詩の女神。
  • オグニイェナ・マリア (Ognyena Maria)
    スラヴ神話
  • ペレ (Pele)
    ハワイ神話
    火、風、火山の女神。
  • ガビヤ (Gabija)
    リトアニア神話
    炉床と家庭守護の女神。
  • スタタ・マテル (Stata Mater)
    ローマ神話
    火を止める女神。
  • ヴェスタ
    ローマ神話
    炉床と火の女神。
  • 竈王神 (Jowangsin)
    韓国神話
カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました