スポンサーリンク

【雨神】日本と世界の『雨を司る神様』 一覧

スポンサーリンク
【雨神】日本と世界の『雨の神様』 一覧 神・仏
カテゴリー

 

雨神(うじん)は、神話で雨や嵐を司る神のことです。日本と世界の神話に登場する雨の神様を一覧で紹介します。

 

スポンサーリンク

日本の雨の神様

 

男神

  • 素戔男尊(スサノオ)
    神名の「スサ」は、荒れすさぶの意として嵐の神、暴風雨の神とする説がある。暴風の神、厄払いの神様としても信仰されている。
  • 八大竜王(はちだいりゅうおう)
    天龍八部衆に所属する竜族の八王。法華経(序品)に登場し、仏法を守護する。
    昔から雨乞いの神様として祀られ、日本各地に八大龍王に関しての神社や祠がある。
    難陀(なんだ)・跋難陀(ばつなんだ)・沙伽羅(しゃがら)・和修吉(わしゅきつ)・徳叉迦(とくしゃか)・阿那婆達多(あなばだった)・摩那斯(まなし)・優鉢羅(うはつら)の八竜王。雨をつかさどるという。

 

女神

 

  • 多伎都比古命(タギツヒメノミコト)
    別名:湍津姫
    水滴の中から生まれた宗像(むなかた)三神の一神。航海安全、交通安全の神。「たぎつ」は、水が激しくさかまき流れる意。
  • 善女竜王(ぜんにょりゅうおう)
    雨乞いの対象である竜王のうちの一尊。
  • 弥都波能売神(みづはのめのかみ)
    『古事記』では弥都波能売神(みづはのめのかみ)、『日本書紀』では罔象女神(みつはのめのかみ)と表記する。神社の祭神としては水波能売命などとも表記される。

世界の雨の神様

 

男神

  • トラロック (Tlaloc)
    【アステカ神話】
    メソアメリカ文明の宗教で広く信仰された雨と雷(稲妻)の神。
  • バアル (Baal)
    【カナン神話】
    カナン地域を中心に各所で崇められた嵐と慈雨の神。
  • ティシュトリヤ (Tištrya)
    【ゾロアスター教】
    星と慈雨の神。白馬の姿で、ウォルカシャ海に降り立ち、水蒸気を発して雲を起こし、世界に雨を降らせる。
  • ロノ (Lono)
    【ハワイ神話】
    雨や豊穣、平和、愛、癒しなどを司る神。
  • インドラ (Indra)
    【ヒンドゥー教】
    デーヴァ神族に属する雷霆神、天候神、軍神、英雄神。
  • パルジャニヤ (Parjanya)
    【ヒンドゥー教】
    インド神話に登場する雨の神。雨雲を作り出し、雷をともなう雨を降らせ、大地を潤す。
  • マルト神群 (Maruts)
    【ヒンドゥー教】
    インド神話に登場する暴風雨を神格化した神々。
  • ルドラ (Rudra)
    【ヒンドゥー教】
    風水害をもたらす反面、慈雨をもたらし大地に豊穣を呼び込むモンスーンの神格化と考えられている。
  • チャク (Chaac)
    【マヤ神話】
    雨と雷を司る神。水も司るため農業の守り神ともされた。
  • バカブ (Bacab)
    【マヤ神話】
    雨と風の神であり、また空を支えるという。
  • フラカン (Huracan)
    【マヤ神話】
    風、嵐、火などを司る創造神。人類に知恵がなく神をないがしろにしたために怒って暴風雨を巻き起こし、大洪水によって人類を滅ぼしてしまったこともある。
  • ペルクナス (Perkunas)
    【リトアニア神話】
    雷神であり、ギリシア神話のゼウスなどに相当する。高尚で恐ろしい神格とみなされ、激怒すると稲妻で黄金の樫の木でさえ真っ二つにするとされている。
  • 雨師 (Yu Shi)
    【中国神話】
    雨の神。雨をつかさどる神。
  • プラピルーン (Prapiroon)
    【仏教】
    タイ語で「雨の神(พระพิรุณ)」を意味する。

 

女神

  • アシアク(Asiaq)
    【カラーリット(エスキモー系の先住民族でグリーンランドに住む人々を呼ぶ名称)】
    イヌイットの神話に登場する天候の女神。
  • マリアマン
    【ヒンドゥー教】
    南インドの地母神で、農村を守護し雨を司る神。
カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました