スポンサーリンク

【軍神】日本と世界の『戦を司る神・女神』 一覧

スポンサーリンク
【軍神】日本と世界の『戦を司る神』 一覧 神・仏
カテゴリー

 

軍神は、軍事・戦争を司る神で、武神や闘神、戦神ともいいます。
壮烈な戦死を遂げて神格化された軍人のことも軍神と呼ばれることがありますが、ここでは神話に登場する戦いを司る神を紹介します。

 

スポンサーリンク

日本の戦を司る神 – 軍神

 

八幡神(やはたのかみ)

全国の武家から武運の神(武神)「弓矢八幡」として崇敬を集めた。

妙見菩薩(みょうけんぼさつ)

北斗七星の内にある破軍星(はぐんせい)にまつわる信仰の影響で、は軍神として崇敬されるようになった。

愛宕権現(あたごごんげん)

愛宕山白雲寺は勝軍地蔵(将軍地蔵)を本尊としたため、戦国時代にかけて愛宕権現は勝軍地蔵が垂迹(菩薩(ぼさつ)が民衆を救うため、仮の姿をとって現れること)した軍神として武士から信仰を集めた。

摩利支天(まりしてん)

摩利支天は陽炎を神格化したもので、陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。隠形の身で、常に日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。これらの特性から、日本では武士の間に摩利支天信仰があった。

毘沙門天(びしゃもんてん)

四天王の中では最強の武神であり、夜叉と羅刹を従えて仏教世界の北方を守護する。

経津主神(ふつぬしのかみ)

剣の神、軍神の神格を持つ。

韋駄天(いだてん)

仏教において天部に属する神。韋天将軍とも言われる。

鳩摩羅天(くまらてん)

仏教において天部に属する神。韋駄天と同一視される。韋駄天が軍神として甲冑姿で描かれるのに対して、鳩摩羅天は孔雀に乗る少年神として描かれる。

建御雷神(たけみかづち)

軍神、雷神、かつ剣の神とされる。建御名方神と並んで相撲の元祖ともされる神である。また鯰絵では、要石に住まう日本に地震を引き起こす大鯰を御するはずの存在として多くの例で描かれている。

建御名方神(たけみなかたのかみ)

諏訪大社のほか、諏訪大社から勧請された全国の諏訪神社で祀られ、軍神のほか、農耕神・狩猟神・風の神としても信仰された。

建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

嵐の神とされ、八岐大蛇退治の英雄。出雲の鳥髪山へ降った建速須佐之男命は、その地を荒らしていた巨大な怪物八俣遠呂智への生贄にされそうになっていた櫛名田比売命と出会う。スサノオは、クシナダヒメの姿形を歯の多い櫛に変えて髪に挿し、ヤマタノオロチを退治する。そしてヤマタノオロチの尾から出てきた草那藝之大刀(くさなぎのたち=草薙剣)を天照御大神に献上し、それが古代天皇の権威たる三種の神器の一つとなる

宇摩志麻遅命(うましまぢのみこと)

始め那賀須泥毘古に従っていたが、神武天皇の東征に際して那賀須泥毘古を殺し天皇に帰服し、以後自らの部族である物部(もののべ)を率いて皇城守護の任に当たった。

日本武尊(やまとたけるのみこと)

熊襲征討・東国征討を行ったとされる日本古代史上の伝説的英雄。

世界の戦を司る神 – 軍神

 

蚩尤(しゆう)

中国神話に登場する神。獣身で銅の頭に鉄の額を持つ。超能力を持ち、性格は勇敢で忍耐強く、同じ姿をした兄弟が81人いたという。

趙公明(ちょうこうめい)

道教の神。黒面で黒虎に跨り金鞭を持つ姿。元帥神・財神。

アレース

ギリシア神話に登場する神で、戦を司る。その性格は粗野で残忍、かつ不誠実であったとされる。

インドラ

バラモン教、ヒンドゥー教の神。デーヴァ神族に属する雷霆神、天候神、軍神、英雄神。漢訳では、仏教における帝釈天の名で知られている。

ヴァハグン

アルメニアに古代から語り継がれる太陽と火と戦いの神。

ウィツィロポチトリ

アステカ神話の太陽神・軍神・狩猟神。蜂鳥をかたどった頭飾りをつけ、左足に蜂鳥の羽飾りをつけ、五つの房の着いた盾と槍を持った戦士の姿で表される。

ウプウアウト

後期エジプト神話における軍神。オオカミの姿をしている。

ウルスラグナ

ゾロアスター教において崇拝される英雄神。ウルスラグナの名は勝利を意味する。

オグマ

ケルト神話の戦いの神、言語、霊感の神。

八十頭の牛にも勝る怪力の持ち主。戦場でフォモール族の王が所有していた意思を持つ剣オルナを見つけたと言われている。

オグン

ナイジェリアに暮らすヨルバ人の信仰に起源を持つ神。
戦争、鉄、道具、道と法の執行を司っている。

オーディン

北欧神話の主神にして戦争と死の神。

主に長い髭をたくわえ、つばの広い帽子を目深に被り、黒いローブを着た老人として描かれる。戦場においては黄金の兜を被り、青いマントを羽織って黄金の鎧を着た姿で表される。

オーディン

 

ザババ

メソポタミア神話の戦いを司る男性神。

スカンダ

ヒンドゥー教の軍神。

軍神インドラに替わって新たな神軍の最高指揮官となる。仏教にも伝わって韋駄天となった。

スヴェントヴィト

バルト海沿岸の西スラヴ諸族に信仰された神。
白馬に乗って敵と戦うという。

セクメト

エジプト神話に登場する女神。

ラーの片目から生まれ、ライオンの頭を持つ。破壊神にして復讐者であり、王の守護神とされる。戦いの女神でもある。

ソペド

エジプト神話における戦いの神。

 

テウタテス

ケルト人に信奉されていた神。
戦争の神でもあったとされる。

テュール

テュール

ドイツ神話や北欧神話における軍神。勇敢な神とされる。軍神 天空神 司法神。

 

トナティウ

アステカ神話における太陽神。
好戦的な戦神の側面も併せ持つ。

ニヌルタ

メソポタミア神話の、農業、狩猟と戦闘の神。

ヌアザ

ケルト神話に登場する神。
病を治す力を持つとされ、水に縁のある神である。戦いの神としても伝えられる。

ベス

古代エジプト神話の舞踊と戦闘の神。ナイフを振り回すか、自ら楽器を鳴らしながら踊り、邪気を払う。酒宴や婚礼をも司り、出産・病気から女性や子供を守るという。

マニウ

インド神話の神。怒りや戦闘時の激情を神格化した神で、勝利をもたらす軍神。

マールス

ローマ神話における戦と農耕の神。
英語読みは「マーズ」(Mars)。

ミスラ

イラン神話に登場する英雄神。司法神であり、光明神であり、闇を打ち払う戦士・軍神であり、牧畜の守護神。

モンチュ

古代エジプトの神。「戦いの守護者」とされ、冥界を進むラーの乗る太陽の船を悪霊から戦って守ると考えられた。

ラシャプ

エジプト内に移住した西セム系民族に伝わる疫病の神。その名は「火をつける者」、「照らす者」を意味する。弓矢や死を司り、稲妻と悪疫をばら撒くため「矢の王」の異名を持つ。

先の尖った帽子を被り、斧または棍棒と盾を振り回した姿で現されることが多い。非常に凶暴な神。

ララン

エトルリア神話における戦の神。鉄兜を被り、槍を持つ裸体の若者として描かれる。

世界の戦を司る女神

 

九天玄女(きゅうてんげんにょ)

中国神話の女神であり、道教における女仙。英雄たちの守護神。

アテナ

知恵、芸術、工芸、戦略を司るギリシア神話の女神。

アナト

ウガリット神話に登場する愛と戦いの女神であり、狩猟や豊穣の女神でもあると考えられている。

アナヒット

アルメニア神話の豊饒と癒やし、知恵と水の女神。始めの頃は戦争の女神とされていた。

アプロディーテー

愛と美と性を司るギリシア神話の女神で、オリュンポス十二神の一柱。美において誇り高く、パリスによる三美神の審判で、最高の美神とされた。また、戦の女神としての側面も持つ。

アンドラステ

古代ブリタンニアのケルト人が信奉していた、戦いと勝利の女神。

モリガン

北アイルランド(アルスター地方)の、破壊、殺戳、戦いの勝利をもたらす戦争の女神。

予知と魔術で戦いの勝敗を支配するケルト神話の戦女神の一柱。

エニューオー

ギリシア神話における女神。殺戮および戦闘の女神。

イシュタル

シュメール神話における金星、愛や美、戦い、豊穣の女神。

イナンナ

シュメール神話における金星、愛や美、戦い、豊穣の女神。別名イシュタル。

カーリー

ヒンドゥー教の女神。その名は「黒き者」あるいは「時」を意味する。血と殺戮を好む戦いの女神。

ケール (ギリシア神話)

ギリシア神話に登場する女神あるいは悪霊。複数おり、複数形はケーレス。

戦場で死をもたらす悪霊。翼を持ち、黒色で、長い歯と爪が長く、死体の血を吸う。

ドゥルガー

ヒンドゥー教の女神。

ドゥルガー

外見は優美で美しいが、実際は恐るべき戦いの女神。3つの目を持っており、額の中央に1つの目がある。10本あるいは18本の腕にそれぞれ神授の武器を持つ。虎もしくはライオンに乗る姿で描かれる。

ネイト (エジプト神話)

エジプト神話の戦いの女神。
戦いと狩猟の女神であり、軍神として戦士の武器を作り、戦士が死んだ時、その遺体を守るとされていた。

ネヴァン

ケルト神話に登場する戦いの勝利をもたらす三女神の一柱。その名は「毒のある女」を意味する。

ワタリガラスの姿で戦場を飛び回り恐ろしい鬨の声を上げるといわれる。

ネリオー

ローマの軍神マールスの配偶女神。ローマ神話の戦の女神ミネルウァと同一視される。

バズヴ

ケルト神話に登場する戦いの女神。

名は「カラス」を意味する。戦場で死を予知する神だとされる。

バンバ

ケルト神話(アイルランド神話)に登場する戦いと豊穣の女神。
エリウとフォドラとは姉妹で三相女神の一柱。

フォドラ

ケルト神話(アイルランド神話)に登場する戦いと豊穣の女神。
エリウとバンバとは姉妹で三相女神の一柱。

エリウ

ケルト神話(アイルランド神話)に登場する戦いと豊穣の女神。太陽神としての性質も備えていた。

フォドラとバンバとは姉妹で三相女神の一柱。

フレイヤ

北欧神話における女神。

生と死、愛情と戦い、豊饒を司り、非常に美しく力のある女神とされる。

ベローナ

ローマ神話における戦争の女神。手には松明と武器を持ち、マールスの乗る戦車を御している。

マッハ

ケルト神話に伝わる戦いの三女神の一柱。

マッハ

「赤い鬣(たてがみ)のマッハ(Macha Mong Ruad)」または「赤毛のマッハ(Macha Dearg)」と呼ばれることもある。

馬、戦い、豊饒、および主権を司ると言われる。赤い髪に真っ赤なドレスとマントに身を包み、赤い一本足の馬に引かせた戦車で戦場を駆け巡り、戦士達を戦闘の狂気の渦へ導くとされている。

ミネルウァ

ローマ神話の詩・医学・知恵・商業・製織・工芸・魔術を司る女神。戦争の女神ともなっている。

ミネルウァ

メンヒト

エジプト神話上に登場するライオンの女神、戦争の女神。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
神・仏
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました