スポンサーリンク
スポンサーリンク

タクシーの怖い話『同乗した女性』|人間の本当にあった怖い話

スポンサーリンク
タクシーの怖い話『同乗した女性』|人間の本当にあった怖い話 人間の怖い話
スポンサーリンク
カテゴリー

うろ覚えだが。

遠藤周作氏が、仕事で知り合ったある女性と、夜中タクシーに乗っていた。
人気のない寂しい道に通りかかった時、その女性が手に持っていたライターを自分の足元に落としてしまった。

 

ところが彼女は、ライターが落ちたことに気がつかないのか、それを拾おうとする素振りを見せない。そこで遠藤氏が親切心でそのライターを拾って渡してやると、突然女性がタクシーを降りると言い出した。

こんな人気のない所で女性を一人で降ろすなんてとんでもない、町の方まで乗れという遠藤氏の説得も頑としてはねのけ、自分の分の料金を払うとそのままさっさとタクシーを降りて今来た方に歩いていってしまった。
訳も解らず首をひねりながら、それにしてもタクシーもよくこんな所に平気で客を置いてけぼりにしたなと、ふと運転手を見たら、冷や汗を流しながら後ろから見ても尋常でないくらい真っ青になっている。

どうしたのかと尋ねると

「お客さんが下を向かれた途端、あの女性が恐ろしげな顔つきになり、お客さんの首筋辺りに噛み付こうとしていたのだが、丁度そのときに、バックミラー越しの私の視線に気が付くとまた元の普通の顔に戻った」

と震える声で告白した。
町に着くまでは、二人とも震え続けた。
それ以降その女性は行方が解らなくなった、っていう話。
(うろ覚えなのでディテールは多少違うかもしれないが大体こんな話だったと思う)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
人間の怖い話
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました