スポンサーリンク

【腹筋崩壊】笑える話・面白い話 – 短編集|全50話 Vol.4

スポンサーリンク
【腹筋崩壊】笑える話・面白い話 - 短編集|全50話 Vol.4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

笑える話・面白い話 – 短編集|全50話 Vol.4

 

「なんで霊ってみんな髪長いの?」っていう意見に返された「床屋に行けないからだろ」の説得力

 

□ □ □

 

人生経験の深いばあちゃんに
「本物のメイド見たことある?」と聞いてみたら
「まだ」と言われた
ちょっと考えて話がかみあっていないことに気づいた

 

□ □ □

 

この前俺が酔っ払い朝帰りしてしまった。
そのことで嫁と大喧嘩。
嫁は泣きながら俺のこと責める責める。
嫁「・・・でも電話の一本くらいできるでしょ!」
俺「いや、だから、つい飲みすぎて・・」
嫁「飲みすぎたからって!!一度も連絡なしで、夜中過ぎても帰ってこないし携帯いれても電話にでない!」
猫「ニャー」
嫁「ニャー(←条件反射らしい)・・・・めちゃくちゃ心配したし、不安になったし!!」
猫「ニャー。ニャー」
嫁「ニャー。ニャー。・・・もう、ほんっとなんかの事件に巻き込まれたらどうしようかと思って警察にいこうかとかおもったんだからね!!」

たのむから、ケンカの途中で猫と挨拶すんのやめてくれ・・・
こっちは笑い堪えんの必死なんだからな・・・orz

 

□ □ □

 

病院の待合室で子供連れのお父さんがアンパンマンの人形であやしてたんだけど、アンパンマンのことなんか名前くらいしか知らないらしく、台詞に困って黙りがちに。長い沈黙のあと、子供にせかされたあげく発した台詞が「オッス!俺、アンパンマン!俺の中身はつぶあんだ!」

 

□ □ □

 

先日
買い物途中に妹から連絡があり
「娘がどんなのか知りたいそうだから、ウグイスパン買ってきてー」と頼まれたので
買って持っていったら、姪っ子(反抗期真っ盛り)が
「ウグイスが入ってないならウグイスパンじゃない!」と喚いたので
姪っ子には食べさせずに、妹とふたりで食べた

 

□ □ □

 

昨日
妹から「娘が謝ってるから、ウグイスパンもう一度お願い」と連絡があったので
今度は自分で焼いたパンを持って行った
姪っ子の謝罪はやっぱり口だけだったようで
「ちゃんとウグイス入ってるの~?」とニヤニヤしながら喰いつき
鶏肉が入っているのに気づいて無言になった
私と妹の分はちゃんとしたウグイスパンだが、
姪っ子の分はボイルした鶏肉パン
ひと口食べてトイレに駆け込み、なぜかそのまま出てこなかった

 

□ □ □

 

アメリカの調査結果によれば、
パンは危険な食べ物だということがわかりました。

1)犯罪者の98%はパンを食べている

2)パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である

3)暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている

4)パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、
後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを 異常にほしがる

5)新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる

6)18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった

7)パンを食べるアメリカ人のほとんどは、 重大な科学的事実と無意味な統計の
区別がつかない

 

□ □ □

 

俺身長150体重120のチビデブなんだけど、
サラダ油買いにコンビニに行ったらストローつけますか言われた涙

 

□ □ □

 

隣でカットしていた小学生が

「もみあげはどうしますか?」

と美容師に訊かれたが

「もみあげ」

の意味がわからなかったらしく

「とりあえず揉んどいて下さい」

と言った。

 

□ □ □

 

ディズニーランドで、母が

「写真を一緒に撮ろう!」

とミッキーに話しかけ、
ミッキーが無言でうなずくと

「あ~ゴメンね、あんたアメリカの人だから日本語が話せないのね~」

と言った。

3人で肩組んで撮影したが、
ミッキーは肩を小刻みに震わせ、
必死に笑いをこらえていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活笑える話
coredakeをフォローする
スポンサーリンク
カテゴリー
日本と世界のカルチャー coredake

コメント