スポンサーリンク
スポンサーリンク

【未確認生物・UMA】世界の不思議・謎の生き物 一覧

シーサーペント UMA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

未確認生物・未確認動物・巨大動物・UMA・モンスターなど謎と不思議に包まれたUMAを一覧で紹介しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーサーペント

シーサーペント

2011年、スコットランドの海岸で見つかった、全長9メートルのシーサーペント。

シーサーペント(sea serpent)とは、海洋で目撃体験される、細長く巨大な体を持つ未確認生物(UMA)の総称で。特定の生物を指すものではなく大海蛇(おおうみへび、だいかいじゃ)とも呼ばれる。

目撃例は中世以降多数存在し、中世から近代にかけて作成された世界地図の海洋を示す部分にはシーサーペントの絵が記されていることが多い。

 

シーサーペント

 

ネッシー? ネス湖の海岸に生き物の死骸

ネス湖の海岸

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例。

 

メガロドン

メガロドン

約2,300万年前から約150万年前(中新世~鮮新世)あたりまで生息していた、最大で20メートルほどもある巨大魚類。ジンベエザメよりも大きい。

海中の大型捕食動物は、陸上よりも気候の変化等に影響されにくいと考えられており、1918年のオーストラリアの巨大ザメ目撃談や1954年に船に突き刺さった“ホホジロザメの物と同様の形状を持つ巨大なサメの歯(長さ10センチメートル)”などから、今でも未確認動物学者などが生存説を主張している。

ジャイアントモニター

ジャイアントモニター

Australian Giant Monitor

オーストラリアのUMA ジャイアント・モニターは、体長が9メートルもあるといわれています。(「モニター」とは「オオトカゲ」のこと)

 

オラン・ペンデク

オラン・ペンデク

インドネシアのスマトラ島に棲息しているといわれている小人。

体長はおよそ80から1.5mほど。
全身に焦げ茶色、もしくはグレー系統の体毛で覆われている。たてがみの様な髪の毛に、腹は樽の様におおきく突きだした体形であり、手の方が脚部に比べ長いのも特徴。

14世紀にマルコ・ポーロが残した「東方見聞録」にも、インドネシア地方で、同様の生物について記されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
UMA
カテゴリー
スポンサーリンク
coredake!ミステリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました